はじめまして。スリムな「電動アシスト付き」自転車です

「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。

普通の自転車と見分けがつかない

Medium 502aa41e94feb8783d1b487b36b6e16edd596d25F25bd90f4499f8e3dad2f8c274e6014fbf0c66d3014a40cac7ef904a0f3cb1119a198aec931b7d53Medium 0d092daf56165715885a2276fb366c443015ed86

「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能で、音は静かとのこと。一度の充電で走れる距離は平均60〜70kmで、最大100kmまで走行できる。

フレーム内に電子機器が詰まっており、シートチューブに電源ボタンと充電用のソケットがある。どちらも目立たない。充電プラグは悪天候に強く、マグネットタイプだから差し込みもラク。フル充電するまでには3時間ほどかかる。

出力や最大時速、アシストの度合いはアプリで設定可能。

Medium a30612fc1250c21e67a0f581fb5c91ce490fc1fd

2016年8月に配送開始予定

「INDIEGOGO」で資金を募っており、すでに目標金額は達成した。残念ながら、日本への配送はしていないが、ヨーロッパ、ノルウェー、スイス、アメリカ、カナダからなら、「Hawk」は1台2,190ドル(送料込み・約24万円)で事前予約できる(2016年5月20日時点)。

そのほか、クラシックなビジュアルの「Bilberry」は、重さ17kg、9段階のギア付きで、価格は1,990ドル(約21万9,000円)。

Medium 397856e2f3be0eefae4bc8ca829071c70f191462Medium 8dea778067fe2312e15430101e6525253855cf76

すでに多くのメディアがコメントしているように、将来的に多くの自転車がこうなるのではないかーー、と考えさせられるシロモノ。そのほか「INDIEGOGO」に掲載されていない上位モデルが公式ホームページで見られる。

実際に乗っている様子は動画でチェックしてみよう。

Licensed material used with permission by Ampler Bikes
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
このスクーターは、ボディそのものがフレームとして機能するモノコック構造。しかも、その素材として使われているのは植物。え!?麻繊維と樹脂を使って製造した電動...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
「フィクス」「フィクシー」と呼ばれている自転車がある。わたしはこのタイプの自転車をもう六年ぐらいも愛用している。フィクシーというのはFixed Gearの...
平日はBROMPTON、休日はSURLYのKarate Monkeyに乗ることが多いです。なので、タイヤを外すための15mmレンチは常にバッグに入れっぱな...