ありそうでなかった「タテ移動する」自転車。その目的は…

「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。

Vycle」と名付けられてはいるものの、まだ試作品の段階とのこと。使い勝手や使用場所など、諸々あった疑問をこの機会に紐解いてみた。

階段とエレベーターの
ちょうど真ん中

「縦に移動する手段って、階段とエレベーターくらいしかないから」これは、自転車の開発やデザインに携わるElenaさんの言葉。

階段よりもっと楽に、そして、エレベーターより電力を使わずに移動できる方法はないものかと考えた時、思いついたのがVycleだったらしい

想定している移動範囲は2〜6階まで。上に進むだけではなく、下へ下がることもできる。

動画を見て一番最初に頭に浮かんだことは、「ペダルをこぐの相当大変じゃないの?重くないの?」ということ。

Elenaさんが言うには、システムが重さを調整してくれ、自分の体重の10%の重さを踏むだけだという。つまり、体重が70kgある人は7kg分の重さを踏むだけ。

のんびりノロノロ昇降では、使用したいと思う人すら出てこないのでは?が正直な感想。なのにどうだろう。調べてみるとそのスピード、人間が階段をのぼるのとほぼ同じくらいだっていうじゃないか。今後電動アシスト機能を取り入れ、より速度を上げる計画を立てているようだけど。

オフィスや働く人に
将来「変化」をもたらす?

C67be9c3194637319cb69b4f492556b524e24f67

概要は把握できたにせよ、実際世に出て使用される場面はまだ想像しにくい。

Elenaさん的には、主にオフィス内での使用をこんな感じにイメージしているようで。電力などを使わずこぐ力だけで進むため、「エコ空間を大切にするオフィスでの活躍が期待できる」と鼻息が荒い。共有スペースをうまく活用できるように、という思いも込められているそう。

将来導入される日がくれば、オフィスのデザインから働く人のライフスタイルまで、幅広く影響を及ぼすことになるかもしれない。

Licensed material used with permission by Vycle(Instagram), (Twitter)
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うか...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
川原や公園に行く時、自然と周りの景色に溶け込んでデザインもシンプルで可愛い、そんな自転車トレーラーをカナダにある「Studio North」が作った。地域...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
汗を全身でかきながら熱した空間に座り続ける姿は、我慢比べをしているように見えてしまう。それでも、毎日のように通い詰める人たちからすると、天国のような場所ら...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...