素材に竹を用いた「バンブーバイク」が、世界を変えるかもしれない

生粋のサイクリストが開発した、「竹」をフレーム素材に用いた自転車が注目を集めています。トレンドやファッションとは一線を画す、このエココンシャスな「バンブーバイク」には、持続可能な生活へと向かうヒントが隠されていました。

フレーム素材に
「竹」を使用した自転車

25f6aaaf546391c4573dbf76b9764c8573256007

このスタイリッシュな自転車のフレーム部分をよ~く見てください。

42be224a176259ef15fee832f278e9d8293a93d2

素材に用いているのは「」。
軽量で強度のあるアイアンバンブーを用いたこの「バンブーバイク」を開発したのは、幼少期から家族共通の趣味が“自転車旅”というサイクリストMatt Wilkins氏。彼のアイデアは、ジョージ・ワシントン大学在学時に専攻していた工学研究で、天然素材を用いたイノベーション課題から生まれたものだそう。

スタイル優先よりも、
「竹素材」にこだわった理由

9ce148fe98d3ea4c01af0e57cdfef25440848ebb

素材選びは「意外にすんなり決まった」とWilkins氏は言います。
Google検索で「自転車 フレーム 軽量化」といった具合に検索をかけていき、アイアンバンブーにたどり着いたそうです。いかにもモバイル世代らしい方法で、彼は自分の自転車に最適な素材を選出。イメージに最も近かったのは、1890年代に製造された竹を使った自転車。120年前のそれをお手本に、フレーム構造を竹で組み上げていきました。
試作を繰り返し、ようやく納得のいくフレームを手に入れ、彼は学生時代の仲間とともに「Pedal Foward」を設立。2011年のことでした。

515b5fd406afb262f98f36643fcf05b00dfd571d

竹のもつ強度や軽さ、衝撃の吸収性は周知のとおり。じつは、この素材を自転車のフレームに採用する例は、珍しい話ではありません。ただ、これまでは、デザイン重視や軽量化を目的としたスペックに焦点が行くものがほとんど。これに対しPedal Fowardは、まず竹ありき。この素材をおいて他になかったのです。

Wilkins氏が説明するように、若い竹の生長力は著しく一日に1m近く伸びるとも。さらに、気候条件や環境に左右されない生命力の強さが、竹の魅力。世界のおよそ1,450近い地域に生息しているんだそう。じつはここに、Pedal Fowardの狙いがあったのです。

その土地の竹を用いることで
貧困国でも自転車に乗れる

F4ffeaccb85df338eaed3d25d45f621f278be482

自転車を必要としているけれど、手に入れることができないでいる貧困国の人々にバンブーバイクを届けたい。それも、既成品を送るのではなく、自国の竹を素材に使い彼らが製造できるシステム作りを構築することが大きな夢。

「学校に通うため何キロもの道のりを歩く学生たち。収穫した野菜やくだものを、ホイールだけになった自転車のサドルにあふれるほど載せて、市場へと向かう農夫がいます。自転車に用いる金属が手に入らない国もある。でも、素材が竹で組み立ても簡単だったら。きっと、もっと自転車が身近に感じると思うんです」

B6789fb783b09cd78738d91108aab17d97e14c12

Pedal Fowardは2013年、タンザニアに暮らす孤児たちに35台の自転車を寄付しました。さらに、現在も「Kickstarter」で出資者を募り、資金の一部をタンザニアへの自転車寄付に充てることを公言しています。これが、近い将来バンブーバイクに変わることを願って。

「一人でも多くの人に自転車の魅力、心地よさを伝えたい」とWilkins氏。大きなプロジェクトは着実に動き始めているようです。

持続可能な生活への
ヒントになるかもしれない
ビル・クリントンも太鼓判

3374292a358742ea77ec2ba19106e4af4af60b0d

話は前後しますが、2012年試作モデルを手にPedal Fowardのメンバーは、アメリカ元大統領ビル・クリントンの隣にいました。環境問題に対する解決策を行動に移す、「クリントン・グローバル・イニシアチブ(CGI)」へと招かれ、バンブーバイクによるイノベーションを唱えた一幕でのもの。

「世界中で作られたこの自転車を見てみたい。これが、人々の持続可能な生活の始まりになるかもしれない」

単にトレンドやファッションとしての「天然素材」とは、趣を異にする彼らの発想に、元大統領も賛同しました。

A9bb2fbcf1438a29040a80b841f69ec9ad90f8298010e8fee61e8026844d83dea4252824a53c91e3

車体価格は500ドル(約6万円)での販売を予定。あれ、意外にもリーズナブルと思いません?ここにもWilkins氏の哲学あり。「手が届きやすい価格設定」それは、誰にでも自転車生活が「楽しい」と思わせる、生粋のサイクリストからのメッセージ。日本でも、注目を集めるかも!

Licensed material used with permission by Pedal Foward
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
使用後のバスタオルは雑菌だらけ。3日も放置すれば、便座よりも雑巾よりも汚くなる。なんて事実は周知のことだけど、そう毎日交換できるものでもない。それで、抗菌...
『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」が開発を進める、新製品のアウタージャケットに、いま世界のアパレル業界が注視してい...
「グラフェン」という素材を知っていますか? これは、炭素原子を六角形に並べてできた、原子ひとつ分という極めて薄いシート状の構造のこと。非常に強度が高いこと...