リサイクル効率UPのため、目をつけたのは「ゴミ袋」

誰かがゴミとして道端に捨てたモノを拾う。ちょっと抵抗ある行為だけど、オランダのアイントホーフェンでは、これを奨励することでリサイクルの効率を上げたようです。そこには、シェアリングエコノミーを先行する、彼らならではのアイデアが大きく影響していました。

あえてゴミを見せることで
他人に拾ってもらう

4ea344d734df06f4df40151d9b68cc3121bbe394

Waarmakers」というデザインスタジオが開発した「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ袋

リサイクルショップやオークションサイトが普及しつつある世の中でも、未だに使えるモノがゴミとして捨てられているのを目の当たりにして、Simon AkkayaさんとMaarten Heijltjesさんが考案したアイデアなんだそう。

54d650226aab73fd7c3c596b431722cf25d5db80

もちろん、これだけではゴミを拾うことに躊躇する人がいるのも事実。だから、彼らはアイントホーフェンの自治体と協力して、住民に「ゴミ袋」と、その使い方と目的を記した「取扱説明書」を配布したようです。

要らなくなったモノを道端に置き、他の人が拾う。リサイクルショップの人が、お店で販売するために回収することもあるそう。そして、誰にも引き取られなかったら、通常のゴミとして都市が収集するという仕組み。

実際に、前述の都市では人形が15%、本は29%などといった具合に、リサイクルの効率が上がっているのだとか。

Fe3fd961eed7fd5536d45e5303063721e7ac9652B11f686edece8a602a6ae5812c0203556e787e3a600a66b608a16909f277fb83a46d58e285873335039ad208e1d414d9ccf447bf16d2b35ed6b66149

法律を変えることなく、ゴミ袋のデザインを変えただけで、リサイクルの効率を上げた革新的なアイデア。現在、SimonさんとMaartenさんは、アムステルダムとの協力も進めていて、最終的には国全体にこの取り組みを進めることを目指しているようです。

シェアリングエコノミーの1つの目的でもあるサステナブル社会の実現。その目標への一助となる彼らの取り組みは、また一歩、他の国や地域と差をつけることになることでしょう。

Licensed material used with permission by Waarmakers
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れ...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
アメリカのボルチモアハーバーに佇む、巨大な生物のようなもの。まん丸な目に大きな口、一見ダンゴムシのようにも見えるルックス。オブジェかと思いきや、そうではあ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
インドネシア・バリ島で、この数年間のあいだに大きな変革が起きていたことを知っていますか?2013年、当時10歳と12歳だった姉妹が始めた「レジ袋ゼロ」運動...