環境問題に警鐘を鳴らす「ゴミの動物アート」

街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。

よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られているよう。実は材料に使われているのは、古いプラスチックや使われなくなった資材などの廃棄物でした。

インパクトと共に
ゴミ問題への警鐘を鳴らす

Eb4fdf2361031ef4d17c0ba9968b7053c2c96bfdE4d464e5f9cf2324030421af3091fb0301aff4c2

「Big Trash Animals」と名付けられたこのアートを手がけているのは、リスボン生まれのアーティストBordalo IIさん。彼は自らを「消費者主義的、物質主義的で貪欲な世代」の一員だと言います。

こんなにもたくさんの廃棄物があることを、多くの人に気付いてほしい。そんな思いで彼は製作を続けています。

A73113b6494c9264864555c6b0fc169e187da1a76a028d92b72e895af2bd2dfe92ea2701c1bdd8f4Ed97b13274386d10a0ac3becf42a0b2b56edf3b5

ゴミ問題は、そのまま環境問題へと繋がっていきます。埋め立て地不足や大気汚染が、地球という惑星とそこに生きる動物たちに、どれほどの悪影響を及ぼしているか。そんな懸念をひとりでも多くの人に意識してもらうことが狙いです。

Bordalo IIさんの作る動物の瞳は、どれも無垢でまっすぐ。だけど、どこか憂いを帯びたようにも感じます。

18a61cd775ff2c95783677fdb23ee130b5e05f40F96bfc7f422516f2e4dca50a100f593e0c2ecbacC297139f78b16290d3e00092d63cb556882c5e966070b5fcdd29f1b09cffe9218147da7b5fbef115E08dd470951b8c6bd07aa727222d8ab70c45862c

動物たちの瞳に見つめられていると思うと、少しでもゴミを減らさねば…と考えさせられます。

Licensed material used with permission by Bordalo II
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...