NYミシュランシェフ考案の「廃棄食材」を使った料理。みんなで作って美味しく食べて

2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮したのは、今年ミシュランガイドで星を獲得した「Blue Hill」の人気シェフ、ダン・バーバー氏。メニューはラタトゥイユに野菜たっぷりのキッシュなど。さらにデザートには、バーバー氏お手製のアーモンドクッキー。

思わずお腹が鳴りだしそうなこのメニュー。では、その食材がすべて生ゴミから作られていると聞いたらどうでしょう?

食品廃棄に待った!
ミシュランシェフが生ゴミで料理

414585ba6715c3a52655bd374d10968de8ccc5feB875e1e0402aa7bc4b4a4ecfbcb3126d17b9f786

料理人ダン・バーバー。この名前にピンと来た人も多いはず。彼は昨年9月同じくNYで開催された国連会議の昼食会において、本来なら廃棄処分されるはずだった材料のみを使った料理を、各国首脳に振る舞ったことで一躍話題になった人物。

そう、今回のランチもやはり、すべて廃棄寸前の食材を使ったもの。たとえばゴミ箱行きのニンジン、リンゴ、セロリ、洋なし……。カタチのいびつな野菜、熟しすぎた果実、料理には使わないへたや葉。クッキーには、アーモンドオイル搾油後のカスを使用する徹底ぶりです。

7c25c2a7190faf915da34cb9d48f0dd95e7c5529A4bff698c10eda543697ecd097aee559ef0946a7

バーバー氏のこのアクションに賛同した地元の料理人、さらにはボランティアスタッフが加わり、5,000食のランチを調理。プロの料理人から直接、ムダにしない食材の活かし方や、レシピの伝授もあったと「Co.Exist」の記事は伝えています。

「もったいない」を
プロの味で伝える

464a1f98d961511b31eb5be68824a49ca4e38c50

このフードフェスティバルを主催したのは、イギリスのNPO団体「Feedback」です。2009年の創設以来、パリやアムステルダムを中心にこれまで、ヨーロッパ各国でのべ5,000回以上にわたって、消費期限切れの食材を使ったフードイベントを実施してきました。同団体は、「今その活動の場が世界的に広がりつつある」と人々の食品ロス削減への関心の高さを実感しているそう。

C019c532e40227ce0480cb1e9c59fa7bcd320bea

食品ロス削減に向けた市民レベルでの意識改革を。その背景には、いくらスーパーマーケットやレストランに食品廃棄に対する規制をかけても、その大部分はやはり一般の家庭ゴミ。市井の人々の意識改革こそ、大きな意味で食品ロス削減に必要なアクションということは、火を見るよりも明らかですよね。

捨ててしまうよりも活かす方法を考え、伝えることがこのイベントの趣旨。スターシェフ起用も、こうした人々のアクションを期待してのものでしょう。

5b90d098bc917cae7ec90557b09219ef019c4d64

「料理を通して、食べる楽しさや快楽を享受することで、人々の意識や習慣を変えていこうっていうのは、素晴らしいアイデアだと思う。

食品廃棄を避けるためには、料理を残さずに食べるだけでもいい。ガラッと日常を変えなくたって、もっとシンプルに料理を楽しめばいいんだよ

こう表現するバーバー氏の熱意を、この日ボランティアとして参加した人も、その料理を口にした人もきっと感じたに違いありません。たとえ、廃棄寸前の食材であっても美味しくなる。やっぱり、何にも勝る説得力は「美味しさ」でしょうから。

Reference:Co.Exist
Licensed material used with permission by Feedback(Facebook), (Instagram)
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
2015年9月27日、第21回締約国会議(COP21)が行われた国連の昼食会の場で、世界の指導者たちに「ゴミ」が振る舞われたと話題になっている。“埋め立て...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...