国連の会議で振る舞われた「ゴミ」を使った特別メニューって?

2015年9月27日、第21回締約国会議(COP21)が行われた国連の昼食会の場で、世界の指導者たちに「ゴミ」が振る舞われたと話題になっている。

“埋め立てサラダ”
“牛のフライ”
いったい、どんな料理?

 Reference : UN Sporkesperson

「ケータリングチームの仕上げにエールを!」のツイートとともに国連スポークスマンがTwitterに投稿した画像。その料理は、典型的なアメリカン・ダイナーをテーマにしたものだった。ただし、使用された材料を除いては。「Washington Post」がメニューの全容を紹介している。食材に注目しながら以下を見て欲しい。

・サラダ 野菜くずや出荷拒否されたリンゴや洋ナシを使った“埋め立てサラダ” ・バーガー 「ジュースに絞られた後の果肉」を「売れ残ったバンズ」に挟んで ・フライ以前は家畜の肥料として活用されていたでんぷん状のとうもろこし(アメリカ全土約9,000万エーカーで生産されている)から作られた“牛のフライ” 

「埋め立てサラダ」に「牛のフライ」、ブラックユーモアが利いたネーミングに、出席者はさぞかし驚いたことだろう。さらに、食材を洗うのにも、ひよこ豆の水煮缶の液体を再利用したという。明らかにホスト側が食品ロスの農産物をチョイスして、料理を振る舞っていることは、誰の目にも明らかなはず。

米トップシェフが
料理に込めた真意とは?

undinnerisrubish232377856

この昼食会のシェフに任命されたのは、NYを舞台に活躍するレストランオーナー兼シェフの、ダン・バーバー氏と、ホワイトハウスでの副シェフ経験を持つSam Kass氏。「食品廃棄物をあえて料理に取り入れる」という、大胆な提案に踏み切った両氏。その背景には、12月にパリで開催される国連気候変動会議に出席する各国首脳たちに、食料を扱うプロの視点から訴えかけたパフォーマンスだった。

「食材を扱う私たち飲食産業にあっても、思いつきもしないし、効率も悪いこと」と、前置きしたうえで、それでも無駄にされゆく農産物による、炭素排出量を減らす取組みへの重要性を「AFP」に語っている。
一方、捨てられてしまう農産物で、各国首脳の舌を納得させる「美味しさ」へのチャレンジに挑んだバーバー氏。

「美味しいお肉の代わりに、まず牛の餌となるとうもろこしに着目しました。私たちがそうしなければ、ただ捨てられるであろうものに目を向けてもらうためです」

あくまで今回はデモンストレーション。食品廃棄物を使った料理を作っていくことではなく、 食品ロスをいかに抑えていくかに焦点を当てたメニュー制作に意欲的だ。

二人の料理人の果敢なチャレンジが結実する日を心待ちにしているのは、世界の指導者たちばかりでははいだろう。

Reference:Washington Post, AFP
Licensed material used with permission by United Nations

小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
“ガールパワー”をキャッチフレーズに1996年デビューした、イギリス出身の女性グループ「スパイス・ガールズ」。そのデビュー曲『Wannabe』は、世界31...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...