クラフトビールにネクストウエーブ。「食品廃棄ゴミ」からつくるビール

小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外では早くもネクストビールの新たな波が押し寄せようとしている。

キーワードは「ゼロ・ウェイスト」。時代が求めているのは、持続可能なビール生産じゃない?

世界初のゴミビール
材料は、腐った洋梨に
売れ残りのクロワッサン!?

英リーズのクラフトビールメーカー「Northern Monk Brewery」が衝撃的なビールを開発した。ボトルにラベリングされた文字「WASTED」から読み取れるように、原料には廃棄処理されるはずだった食べ物が使われているというのだが……、その中身がすごかった。

売り物にならなくなった腐りかけの洋梨に、売れ残ったクロワッサンやブリオッシュ。そこにホップ、麦芽、イースト菌を加えた、廃棄食品を使った世界で初めての洋梨のエールだ。

実際に試飲した人のコメントを「The Guardian」が紹介する。曰く、信じられないくらいバランスが取れていて、わずかな果実味を感じるんだとか。

製造工程の食品ロスに着目
The Real Junk Food Projectが
全面サポート

それにしても、廃棄食品をクラフトビールに生かす目的はなんだったのか?「Metro」に掲載された、Northern Monk Brewery創設者Russell Bisset氏の発言に、そのヒントが見えてくる。

──ビール醸造においても当然ながら、ゴミとなり廃棄されるものがあるけど、それを変えていきたい。ビールの原材料のどこにムダがあるかを暴くためにもね。

食品ロス削減の世界的潮流にクラフトビール業界からもできることがあるはず。と、地方都市の小さなブルアリーが果敢なチャレンジに挑む。その強い意志に心を動かされ、タッグを組んだのが「The Real Junk Food Project(TRJFP)」だ。

“Pay As You Like(金額はおまかせ)”、賞味期限切れの食材のみを用いたカフェを開業し、まだ食べられるものを捨てずに使う試みで、現代社会に一石を投じたTRJFP。奇しくも、同じリーズをホームグラウンドに活躍する両社の思惑がひとつになったビール。それが「Wasted」。

クラフトビール界の
新たなトレンドに?

──食品廃棄を世界からなくしていくための足掛かりは、ローカルから発進する持続可能な取り組みが不可欠なんです。

とは、TRJFP急成長の立役者Adam Smith氏の言葉。地域に根ざした小規模なビール醸造所、その特性をフルに活かし、誰も考えつかなかったプロダクトに仕上げてみせた。

ゴミ(となるはずだったもの)からつくるビールは、同時にゴミを出さないビールでもある。醸造過程で使われたホップや麦芽カスは、ただの一つも廃棄せず地元農家へと寄付するルートが確立されている。堆肥として再利用ができるからだ。もちろん、ガラスボトルも100%リサイクル可能なもののみという徹底ぶり。

ムダを生まない工法であったり、より持続可能な原料を用いるなど、クラフトビールの次なる波がすぐ近くにまで来ていることを感じないだろうか。

いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...