茨城県・木内酒造でつくられる、世界に羽ばたく「クラフトビール」

トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。先日、同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という記事が掲載されていました。

ここで取り上げるのは、その中に「東京」が含まれていたから。代表的なクラフトビールとして、茨城県の木内酒造がつくる「常陸野ネストビール」が紹介されていたのです。

名前だけではピンとこない人も…、

この“フクロウ”を見ると分かるのでは?

Medium c602dcb73bbc7dcd6b069ae1d97a3994df88f598

きっと、「ああ、これか!」と思った人も多いはず。ネストとは「巣」のことで、茨城県那珂市鴻巣で生まれたことから名付けられたようです。

いつもならここで商品紹介…となるのですが、あえて割愛。注目したいのは、商品もさることながら、“ビールづくりへの思い”だから。

ここはビールを愛する者たちの巣

Medium 191d1a82967c1b3f49326b32e20748a5b46b64f0

改めて、「常陸野ネストビール」は、1823年(文政6年)から日本酒をつくり続ける木内酒造が生み出したもの。

Medium 7d5169eff00ef4c5b9bac3521687e240485b9796

酒蔵にほど近い酒出という地は、その昔、井戸から酒が湧き出たという言い伝えがあるそう。水と緑の豊かな常陸野はビールづくりにも適した地でした。

Medium 1ec51c2ce1f79f8cd06b15006ece3eb6c1faa0be

主にヨーロッパから年ごとに厳選した材料を直輸入。ホップもそれぞれの個性に相応しい産地から。

Medium 33f94dda96b374ae4b216fdf40efcb2a581f5734

とはいえ、原料は欧米のものでも、欧米のビールのコピーをつくるわけではありません。ここで生まれるのは、唯一無二の一杯。

Medium 0955a7fb8f22f8f62e33f325eb62fa63ae2a80fe

モルトとホップの組み合わせは無限。その中で狙いの最良の組み合わせを仕込む。それを保ち続け、時には進化させていきます。

ビールづくりは、まるで我が子を育てるかのように。発酵中、「酵母は元気かな」「暑くないかな」「寒くないかな」。そんな気遣いの日々。

Medium 559934a781afe06e7aa5dae27d2c964680ed59cf

原料となる麦やホップは植物。同じ種類を仕入れていても、その時の出来によって味や香りは微妙に変わります。品質を保つのは、機械ではなく「人」。

Medium 9385c937a17bfc7da99ce5fbde1bba6312c7d4f5

茨城県の酒蔵から生まれたフクロウラベルのビールは、今や世界20カ国へ展開されています──。

Medium 45f3422a0d942b18f032c0e6d8c24346176d6f92

こうして商品の背景にほんの少しだけでも思いを巡らすと、なんだかビールがもっと美味しくなりそうな気がしませんか?

「常陸野ネストビール」の商品一覧はこちらから。実際に味わえる店舗も確認できます。世界に羽ばたくクラフトビールは、父の日の贈り物にもぴったりですね。

Reference:Matador Network
Licensed material used with permission by 木内酒造
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...