知っておきたい「地ビール」と「クラフトビール」の違い

次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉の違いについて、リース恵実さんの著書『ビール語辞典』(誠文堂新光社)から、ひも解いてみました。

「地ビール」と
「クラフトビール」の
違いって?

B9cc49f40890b7a15af97ff09fcc682ee24d3573

そもそも「地ビール」とは1994年に酒税法が改正されてビールの小規模醸造が可能になったときに生まれたもの。実は「小規模で地域に根付いて造られるビール」という側面からみると、「地ビール」と「クラフトビール」はまったく同じものだと言えます。

しかし地ビールブームが起きた当時、地域おこしの一環として当時300を超える醸造所ができたと言われる一方で、中には「お土産物」の域を出ない商品も多かったのです。

そんなときにアメリカで起こっていたクラフトビールブームの波が日本にもやってきます。職人(クラフトマン)としてのプライドを持ち、ビールの深い魅力を追求するブルワー達によって牽引されたこのブームによって、いわゆる「地ビール」の地位や品質も大きく向上したと言われています。

かつてのお土産物的な「地ビール」と一線を画すためにも、あえて「クラフト」という言葉を使ったのですが、個性を活かすクラフトビール造りにとって「地域」の特徴は大切な要素。つまり「クラフトビール」は「地ビール」なるものを否定する言葉でも無ければ、全く別の言葉とも言い切れず、むしろどちらも地域性と独創性を大切にするという本質においては同じなのです。

つまりクラフトビールとは「地ビールの登場によって日本のビールに生まれた“地域性”や“個性”といった価値観を、より追求したもの」と言えそうですね。さてそれでは、ここでおいしい日本のクラフトビールのブルワリー(醸造所)をいくつか紹介したいと思います。

01.
【東京:石川酒造】

39a9fd31a6d7b3013746279fd110dea59e6b188e

1863年に創業した酒造メーカーの「石川酒造」では、自社の地下天然水を使って明治時代のビールを甦らせた「多摩の恵」や5年の長期熟成が可能な「ボトルコンディション」など、興味深いビールも造っています。

02.
【山梨:富士桜高原麦酒】

9ab2077a02187127b61821d5ce1d3ce4a84607c3

ドイツの「デーメンス醸造専門学校」で学んだ醸造士が造る、本格的なドイツスタイルの「富士桜高原麦酒」。「ラホオビール」という、日本では珍しい燻煙ビールも醸造しています。

03.
【長野:ヤッホーブルーイング】

602febaf2520a69337f319d3d4ea57556fe5e430

浅間山系の硬水を使ってエールビールのみを造る、長野県のビールメーカー「ヤッホーブルーイング」。看板商品の「よなよなエール」に「水曜日のネコ」、「インドの青鬼」などネーミングも楽しいビールたちを造っています。

04.
【京都:京都醸造】

F3d019a9987edbe49d4ca67e62aad4c7583c3052

京都醸造」は、アメリカ、カナダ、ウェールズ出身の3名が京都駅南側の住宅街でひっそりと営む小規模ブルワリー。「一期一会」や「一意専心」、「ベルギーの米国人」といった、ネーミングも風味も個性豊かなビールたちは、みんなの心をわしづかみにします。

埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
埼玉県、飯能。東京都心からでも1時間ちょっとで行ける癒しのスポットに、新しいブルワリーができました。店の名前は「CARVAAN」。カールヴァーンと読むこの...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...