ほとんどの人が知らない、ビールに関する「6つの雑学」

食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。

ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ、ビアバー独特の用語。バーやレストランで聞き慣れない言葉が出てきても、もう大丈夫。専門用語を巧みに使いこなして、いまや“飲む”以外の領域にも広がっているビールを楽しみましょう。

01.
お得に楽しめるよくばりセット
「ビアフライト」

beer

「ビアフライト」とは、テイスティングセット、あるいは飲み比べセットのこと。通常よりも量が少なめのグラスで提供され、3〜4種類のビールがセットになっています。価格設定も比較的安価。取り揃えが豊富なお店で、色々なビールを飲んでみたい人にはとてもありがたいサービスです。

02.
お店で絶対言っちゃいけない
「オフフレーバー」

beer

およそ1,500種類以上の化学成分から成り立っているといわれているビールは、高温や光に晒されると、化学成分が変化を起こし、嫌な臭いに変わります。このビールにあってはならない臭いのことを指すのが「オフフレーバー」という言葉。種類としては、「クリームコーンのような臭い」や「濡れた段ボールのような臭い」、「スカンクの臭い」など。

03.
見たことのある人も多いはず!
「タップ」

beer

「タップ(TAP)」とは、ビールを注ぐ蛇口のこと。樽詰めのビールを提供しているお店では、樽にタップが対応しています。つまり、タップの数=飲めるビールの種類のことで、「10タップのお店」という表現は、「10種類の樽詰めビールが提供されているお店」ということ。使い方は、「50タップのすごいお店がオープンするらしい」など。

04.
出来立てのビールが楽しめる
「ブルーバブ」

beer

ブルーパブは、「ブリューパブ」とも表記し、英語ではBrew Pub。店内でビールを醸造し提供するお店を指す。1回の製造量は少ないが、移動距離も無いので、フレッシュで劣化の少ないビールが期待できる。近年、東京および近郊ではブルーパブが続々と増えており、人気がうかがえる。

05.
ビールだって数値化される
「SRM、IBU、 ABV」

beer

ビールの特性を表す数値の単位。SRM(Standard Reference Method)とは色の濃さを表す。たとえば、ビルスナーのSRM値は4。IBU(International Bitterness Units)とは、苦みを表す。数値が多いほど苦いとされるが、あくまで計算値であり、数値が多いほど苦いとされるが、あくまで計算値であり、人間の感覚と一致しないことも。日本の大手ビールのビルスナーは、30といわれている。苦いといわれるIPAは50以上。ABV(Alcohol By Volum)とは、アルコール度数のこと。

06.
オレンジやコーヒーも!?
「ランドル」

beer

「ランドル」とはアメリカのDogfishブルワリーが開発したフィルターのこと。樽詰めビールを提供する時にフィルターを通すことで、さまざまな風味をつけることができる。ランドルに、新鮮なホップを詰めてビールを通せば、ホップの香りがより増す。グレープフルーツを入れれば、フレッシュな柑橘系の香りがたまらない。ただ、設置しているお店はあまりない。

コンテンツ提供元:エイ出版社

Discover Japan 2015年7月号

伝統あるものづくりやデザイン、衣食住や景観など、ニッポンの文化を紹介。その魅力がひと目で伝わる美しい写真と明快な解説で、優れた「モノ」「コト」「ヒト」を通して本物かつ上質な日本を発信します。今号は初の住宅特集です。

次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...