【カニ? ゴーヤー?】一度は飲んでみたい珍ビール6選

世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少しためらってしまいそうな「上級編」まで、ちょっと変わったビールたちを集めました。

参考にしたのは、リース恵実さんの著書『ビール語辞典』(誠文堂新光社)。みなさんはどれを飲んでみたいですか?

01.
温泉に浸かって
蟹鍋と一緒にどうぞ
「カニビール」

77389d057d906d9c41904376eb56d199a05f64e6

(写真 一番右)

兵庫県の温泉街、城崎。このど真ん中にある創業350年の老舗旅館「山本屋」が直営の工房でつくるのが、この「カニビール」。とは言っても、じつはカニそのものは原料に使っておらず、カニに合うように研究を重ねてつくったもの。甘みとコクがあり、カニはもちろん魚介類や鍋物と一緒に頂くのがおすすめです。

02.
海や空の青より
もっと青いビール

356e5478fe7ee757b8ec723ca2c68c5353e6e712

グラスに注ぐと、宝石みたいに涼しげな青いビール。ぐびっと、というよりは海辺なんかで優雅に味わうイメージでしょうか。ぜひ一度お試しあれ。(網走ビール「流氷ドラフト」いわて蔵ビール「青いシャンパンビア サムシングブルー」

03.
沖縄の夏にぴったりな
ゴーヤーの苦味がクセになる

F0b8c79092f5441af5c101ca5f7f10ca84e0281f

沖縄の「ヘリオス酒造」がつくったのは、その名の通りゴーヤーの果汁を使ったビール「ゴーヤードライ」。口に含むとホップの苦味とゴーヤーの苦味が順番に現れ、ふわっとクリーミーな泡が特徴です。

04.
アメリカ人の朝食を
ビールの中にひとまとめ?

Funky Buddha Brewery(ファンキーブッタブルワリー)」の、メープルベーコンコーヒーポータービールは、まるでアメリカ人の朝食セットを思わせる贅沢で濃厚なアロマと風味。ゲテモノのように思いがちですが、2016年のワールドビアカップの「スペシャルティー・ビール」部門で金賞を獲得したビールです。

05.
象のフンから
できたビール

6ed9dfc606ee51f3496867928b72234f92693cb1

2013年のエイプリルフール限定商品として登場した、サンクトガーレンの「うん、この黒」。象にコーヒー豆を食べさせて腸内で発酵させ、フンとなって出てきたブラックアイボリーというコーヒーを使ったビール。じつは苦味と甘みのバランスがよく、普通に飲みやすいビールだとか(※現在は販売されていません)。

06.
なんと酵母が
オジさんのヒゲ

2dd7b12cb16db3eef3ccf1c50eb0be671050ff41

Rogue Ales & Spirits」のマスターブルワーである、ジョン・メイヤーのヒゲから採った酵母を使用しているのが「ザ・ビアード・ビール」。野生の酵母を用いているので、ある意味で伝統的なつくり方!?くったくのないラベルの笑顔を信じて飲んでみましょう。

次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...