「とりあえずビール」って言うけど、実は色々あるんです。今さら聞けない3つのコト

セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビール」と呼ぶにはもったいない奥深い世界が、実はグラスのなかに隠されているのです。

リース恵実さんの著書『ビール語辞典』(誠文堂新光社)から、色々なビールについて教えてもらいました。

01.
ビールの個性を決める
2つの発酵方法って?

E92efb5d605579226c674c5cd2fd6da4c712237a

【エール】
発酵中に酵母が上面に浮かんで層をつくる「上面発酵酵母」により醸造されたビールのこと。モルトの甘味とフルーティな風味が特徴。またエールは、アルコール度数の強いビールをつくることも可能です。

E10cd6ef0dea23b3b4bd12547d53aaf7b1a4192a

【ラガー】
発酵すると酵母が沈む醸造方法のことを「下面発酵」と呼び、下面発酵でつくったビールのことを「ラガー」と呼びます。中世のバイエルンで、冷たい貯蔵庫でもビールが発酵し続けていることを発見したことがきっかけで誕生。エールよりも口当たりが軽く、のどごしがいいのが特徴的です。

02.
「地域や場所」がはぐくんだ
ビールたち

9e0d5a969df41ea6d4320ba9dff6f63ab588cfff

【ドイツ:アルトビール】
ドイツ発祥の伝統的なエールビールのスタイル。“alt”はドイツ語で「古い」という意味で、熟成期間が長いことと、ラガーにくらべて歴史が古いことに由来するとされています。しっかりした滑らかな泡にホップのアロマが香る、ミディアムボディのエールは後味もスッキリ。

020030c669482156b333a86fbe5efc2cc1a3d28f

【イギリス:インディアペールエール】
略して「IPA(アイピーエー)」と呼ばれます。イギリス帝国時代に輸出用に開発されたビールスタイル。長い船旅に耐えるため、ホップ量やアルコール度数を通常より増すことで殺菌作用を高め、独特の苦味と優れた風味を加えたもの。

393ba18ec274b9a39c59cabc80c062b48fd729fa

【オーストリア:ヴィエンナ】
ウィーンのモルトを使った、オーストリアのラガービール。ビスケットのような香ばしさと赤みがかった色を持ちます。歴史的に関係の深いメキシコにも伝わるスタイルです。

00a0f57e762bcffa6d4e73641fa1b6f002c5c0f7

【アメリカ:クリームエール】
アメリカ流のライトなラガーのスタイルに基づいてつくられるエール。色は明るめで口当たりも軽く、アルコール度数は通常4〜5%程度。

03.
「制度や伝統」が支える
ビールもあるんです

110446f3bf43095c2d9be5b0d98ceb74babe3e01

【リアルエール】
イギリスの伝統的なつくり方に基づいて醸造されるエールビールで、通常のエールは発酵後熟成用の大きなタンクに移されますが、「リアルエール」の場合はカスク(木樽)に移して、ひとつずつコンディショニングされるんです。

Be746cf66406b248e068f8b353dc813c1b3a9d7e

【トラピストビール】
ベルギーを中心に11ヶ所のみ存在する、トラピスト会の修道院でつくられるビールのこと。発酵後の濾過や低温殺菌を行わないので、酵母やビタミン、ミネラルなど栄養素も、さらに旨味も豊富。

今回紹介したのは、ほんの一例。たとえばビール大国のドイツでは「ビールは醸造所の煙突の影が落ちる範囲で飲め」ということわざがあるほど、地域に根付いた色々なビールが存在しています。

気になる人は、グラス片手に『ビール語辞典』をツマミにして、奥深いビールの世界について調べてみませんか?

次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...