どんなビールでも「クラフト化」してしまうティーバッグが登場

最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も聞きますよね。

じゃあ、そんな人たちがこのティーバッグを知ったら、どうだろう。とりあえずの一杯が、のっけから“クラフトになっちゃう”わけですから。

ビールに「ティーバッグ」のなぜ?

1970011a14224e8a8d1bf4f5fb387fd0be6c83b6B3f392102facd0632f5df0d0050174a620fc12f7

写真を見ても分かるように、ビールとティーバッグというこの並び、明らかに異質。ところが、これがちっともおかしくないというのです。

なぜなら、バッグの中身はホップだから

これをビールや発泡酒に3〜5分ただ浸しておくことで、クラフトビールのような「香り」を楽しめるようになるんだとか。どのくらい?かは、実際に試してみないことには分かりませんが、この商品、決して藪から棒に開発されたものではありません。

「ドライホッピング」で
香りを後づけ

A11f47060035d32d064c2ad14db5172b32ca6c2e646ac81d10d244727edb3d5a2d09c99500437ab6

ビール製法において、煮沸の初期段階や最後に入れて苦味や香りを引き出すホップ。それを発酵も終わって完成間近のタイミングで、ビールに直接ホップを加える工法があるそうです。

熱を加えずにフレッシュなホップの香りを“後づけ”する、このテクニックこそ「ドライホッピング」。ブリュワーにもよりますが、本来は24時間程度かかる作業だとか。それをわずかな時間で、手軽に楽しめるようにしたのが、この「Oi!HOP」だったのです。

D0d6320213c7a0a330be2af6e7f2d84afb52fc29

現在「Makuake」にてクラウドファンディング中、2,000円(税込)から支援ができるそうです。

ティーバッグの料金は、1つあたり200円程度で、3〜4回繰り返し使え、浸しておく時間の長さで色も香りも変わるとか。アウトドアでもパーティーでも、みんなで飲み比べればいつもの倍は盛り上がるだろうし、普段は発泡酒の僕のような人たちも、プチ贅沢気分を味わえるはず。

Licensed material used with permission by Makuake
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
ひと口にティーバッグといっても、いろんなタイプがあります。御守り型の平べったいもの、円形、ピラミッド型、お団子タイプなど。でも、これは斬新。何よりカワイイ...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
埼玉県、飯能。東京都心からでも1時間ちょっとで行ける癒しのスポットに、新しいブルワリーができました。店の名前は「CARVAAN」。カールヴァーンと読むこの...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...