「IPAをくれ。もしくは死を」。LAのクラフトビール事情

IPA=インディア・ペール・エール。

クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラフトビールの主流とも言える存在。その中でも、さらに苦みとアルコール度数を高めたIPA中のIPAは「ダブルIPA」とか「インペリアルIPA」と呼ばれている。

LAのクラフトビール好きは、この「ダブルIPA」に首ったけの様子だ。

01.
LA有数のクラフトビールバー
「Beachwood BBQ & Brewing」

97c9b818b81252117beac2d29451169cffc21d4c

ロングビーチ市内に位置する、決して大きくはないブリュワー。せっかく醸造タンクを見せる内装にしておきながら、ビールのラインナップを見せるボードが邪魔をする。それほどまでにクラフトビールの種類に溢れていて、オリジナルビールのいくつかは世界的な賞も獲得している。

オリジナルのダブルIPAは、2017年2月の訪問時点で2種類あった。

 

「Hopernicus」はウェストコースト・ダブルIPAとのことで、アルコール度数10%。シトラ、コメット、エキノックス、ギャラクシー、ミレニアムといったホップを使用していて、1杯7ドル(約780円)だ。一般的なIPAを30%くらい深くしたような濃厚なコクだが、キレは抜群。ドシンとした重みのある一杯で、初めてのダブルIPAとしてもいい。

「HOPS OF FURY」は、ウェストコースト・“トリプルIPA”で、アルコール度数11%。アモリロ、シトラ、エキノックスのホップで醸造。飲み口がガツンと来る苦みの効いたホップで、これぞド直球。ビールの楽しみのひとつでもある「さやかなのどごし」とは無縁で、エスプレッソコーヒーに通じる「苦みのなかにある旨み」を見いだせる一杯。 

8dca2cad1f3e504107ff33efc49ed779bde6541e

無数にあるタップのバルブ。これらのひとつひとつが、クラフトビールだ。

21f54ca5e4b2e36a8cf341dba2afd0e5d178fab3

素朴なグラスで、気取らないブリュワー。

02.
IPAをくれ、もしくは死を。
「Congregation Ale House」

14c8342661e194c6ba5eb24eeef4b77d41920ea9

同じくロングビーチに位置する「Congregation Ale House」も、ダブルIPA推しだ。ここでは、FIRESTONE WALKER社のドラフトダブルIPAが堪能できる。その代表的な一杯が、「STONE」だ。

「Give me IPA、or Give me Death(IPAをくれ! さもなければ死を)」

のキャッチでIPAファンの心をわしづかみする同ビールにも、ダブルIPAが存在する。

なお、「STONE」自体はパンチの効いたIPAで、ホップよりも苦みを味わうべきシングルIPA。アルコール度数は8%。

「STONE MEGAWHEAT」は、さらにウィートを効かせたダブルIPAで、アルコール度数8.4%。ホワイトビールを好むようなクラフトビール好きにも勧められる懐の深さが魅力。

同店タップの「CAFE RACER」は、ダブルIPAのなかでもごくごくいけちゃう喉ごしだけど、アルコール度数は9%。うっかり飲み過ぎると、しっかり翌日に残る。

2401dbafd679f388ee9a73d401fd307353e4dc2d

多くのブリュワーで、試飲が可能。どのダブルIPAもアルコール度数が高いので、まずは試飲して「今日のお目当て」を決めてから対峙しよう。

03.
スーパーにも、ダブルIPAが立ち並ぶ

99cbbad2ff054b83b7ebc39806dd95b189960032

こちらは、大手オーガニックスーパーの「ホールフーズ・マーケット」。ダブルIPAを探そうと思えば、十数種は発見できる。ビックリするくらい値段は張るけれど、滞在先のホテルでの寝酒にいいかもしれない。

ちなみに日本では、箕面ビールなどでダブルIPAがラインアップされている。

Photo by 稲垣正倫
スコットランドのマイクロブルワリーBrew Dog(ブリュードッグ)といえば、「IPA」でもおなじみのビールメーカー。同社がオハイオ州コロンバスに、世界初...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...