自転車とビール。ある意味ギリギリなイベントをポートランドで体験!

日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足できないビアフリークたちが自分たちの手で納得のいくビールを作ろうとしたのがコトのはじまり。

ビールなくしてポートランドは語れない

94a9c151331f40811cddc0a710d42ae2829017ab

まさにDIY魂の結晶とも言えるクラフトビールは、もちろんポートランドでも大人気。市内のスーパーでもこの通り、フリーザーは全部クラフトビールで埋め尽くされています。その数なんと、およそ1000種類。

B836e755b29d99ad1ad4b565501efbfea2924273

ポートランド市内には59もの醸造所があり、それぞれが個性ある地域密着型のビールを造っています。街のいたるところにタップルームと呼ばれる醸造所併設のビアレストランがあり、ポートランダーたちは昼間から当たり前のようにビールを楽しんでいます(たとえ仕事中だとしても!)。

58617e3b94654165c5c17786d1ea770cf66fbc0e

今回訪れたのはイーストポートランド地区に醸造所とタップルームを構えるTHE COMMONS BREWERY。設立して10年立たない若手ブルワリーながら、多くのコンペティションで受賞している実力派。

もちろん、スタッフのアレックスもビアフリーク。話し出したら止まりません。

「セッション系」から「ファームハウス」へ

8a59db1ccf7886d98c0d53c3dad321ce74df410e

ーー最近流行ってるのって、どんなタイプのビールかな?

ここ数年、こっちのクラフトビールシーンでは、「セッション系」というジャンルが人気だったんだ。ホップ感や味わいはしっかりと備えながら、昼間から飲むことができる低アルコールのビールだね。タップルームで飲んだり、グロウワーという専用のボトルに生ビールを詰めて、持ち帰ってキャンプしながら飲んだり、みんな思い思いの方法でビールを楽しんでいるよ。

最近、僕たちのところで作っているビールのなかでも特におすすめなのが「ファームハウス」というタイプのビール。もともとベルギーの農家が作っていたビールで、野生の酵母を使用しているのが特徴だね。昼間に農作業をしながらでも飲めるぐらいアルコールも低いし、一種のセッション系ビールとも言えるね。ちなみに日本でも僕たちのビールは販売されてるぜ!
0cb15d9af403c3218fe37ea3a40f37988c534c7c

こちらがTHE COMMONS BREWERYのタップルームで提供しているトライアルセット。どれも4%ほどの低アルコールながら、しっかりと濃い味わいです。

特に右から2番目のファームハウス系のビールは酵母や微生物に由来する複雑な酸味と香りがあいまって、今まで味わったことのない香り高いビール!

みんなでサイクリングに出掛けた帰りに僕たちのタップルームを訪れる人たちもいるよ。この間は20人ぐらいのサイクリストたちが来たよ!スポーツとかアウトドアの最中や、終わった後にビールを飲む人たちが多いんだよね。

「自転車とビール」ーー意外(!?)なふたつのキーワードが繋がってしまうところが、やっぱりポートランドならでは。

自転車とビールの「やっぱり!」な共通点

B549c18c7412e87ccac3c83133f9d2848c7930ce

アレックスの話を聞いて向かったのは市街の倉庫街。そこでは、「BIKE & BEER」という実にストレートなネーミングのイベントが!!
これは、ポートランドを中心とした自転車ビルダーの展示会とクラフトビールの試飲会を同時に行うという風変わりなもの。
みんなビールを片手に自転車談義に花を咲かせています。
話しを聞かせてくれたのは、Machine Bicycle Co.という市内に工房を構える自転車ビルダーのスタッフ。

A600870eea79fcab470ed47f0e6ce229522ae650

ーーなんで「自転車とビール」のコラボなの?

もともとハンドメイドの自転車は既存の交通機関に頼らないで、自分たちの足で移動するための手段として盛り上がってきたんだ。クラフトビールも同じさ。

”自分たちの手で自分たちが好きなものを作る”っていう文化。万人にウケる必要はなくて、ほんの少しの人に面白がってもらえればそれでいいんだ。地元に密着してることも自転車とビールの共通点だね。

Ed54fac98fb94f97290d9a2c4eadc0eae2391d6d

じつはポートランドも日本と同じく自転車の飲酒運転は違法。それでもこんなイベントを実現してしまうあたりがなんともこの街らしい、という気がします。

みんな自転車は押して帰るハズ。
(※この記事を見てイベントに参加してみたいと思った方は、くれぐれもご注意を!)

会場ではアメリカのスーパーで見掛ける4本パックや6本パックのビールを積めるキャリアがついた自転車も発見。こういう自転車とビールのコラボレーションなら日本でも楽しめそうですけどね!

ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...