ポートランドへ、ビールを飲むだけでなく「造りに行く旅」はどう?

ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリーがあることはあまり知られていないかもしれない。日本でいうと、船橋市程度の規模。この比率はもはや、名物といって差し支えないほどだと思う。
 
と、意外な事実を紹介したところで、こんなイベントはどうだろう?
 

ビールを造りながら
醸造知識を学ぶ

9728defe5055550d2162b6f42af822e3c8d704c2

「BREWING CAMP in ポートランド」は、個性溢れるブルワリーを訪問してビールを飲むだけでなく、飲みたい味のクラフトビールを実際に造ることができるもの。しかも、完成した後に日本へ送ってもらえるので、みんなでビアパーティーを開催するなどの楽しみ方もできる。

ご存知の通り日本ではすでに醸造体験はあるものの、海外となれば話は別。しかも、ビールと聞いて私たちが真っ先に想像するドイツやチェコでないことも興味深い。

986c871de571910de653aaec91a3681fee187be1

本イベントの舞台は「Labrewatory」。定番レシピを持たず、毎回新しいビールを作る実験的な取り組みをしているブリュワリーだ。醸造を教えてくれるのは、ヘッドブリュワーのCharlie Johnsonさん。

ポートランドを体感したい人へ

D847bebdccfe35d4e686ab11c273c0876e4b6fad

前述の通り、「DIY」が根付いたこの街では、ビールですら自宅で醸造してしまう文化がある。飲みたい味をホームブリューイングで再現し、趣味が高じて人に振る舞っているうちに、人気ブリュワリーが増えていったそうだ。

そういう意味では、ビールの造り方をブリュワーから学びたい人はもちろん、ポートランドを体感し、吸収したい人にもオススメな「BREWING CAMP」。日程は11/19〜22の4日間で詳細はこちら。興味のある人は、まずは説明会へ参加してみては?

Licensed material used with permission by 自由大学
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...