ビールを片手に、ペダルをこぐ!ハンガリーの「移動式ビアバー」

つい最近、知人がFacebookに投稿した動画に目が釘付けになりました。映っていたのは、カウンター席に座ってペダルをこぎ、街中をスイスイ進む大人たち。しかも、片手にはビールが!思わず、何度も再生しちゃいました。

そこは、ハンガリーの首都・ブダペスト。どうやらこの移動式ビアバーは、9年ほど前から営業しているらしい。あまりに気になりすぎて、運営会社のひとつ「Beers on Wheels」にコンタクトをとり、いろいろ聞いてみました。すると、以下4つの理由から、この街を訪れたからには「must goな存在」だという結論に達したのでした。

01.
観光もできて一石二鳥!

0b378d07a11dfb9ffb9816aedc64f49c8054e86c

Beers on Wheelsの移動式ビアバーは、英雄広場やヴァイダフニャディ城横の公園内を走ります。有名な観光スポットを、ビール片手にまわれるのは嬉しい。夏には、この屋根が地味にありがたい気も。

ちなみに、同公園のすぐ横には、この街を代表する温泉・セーチェーニ温泉があります。たくさんこいで汗を流した後に行けば、最高に気持ちイイでしょう。もちろん、お酒が抜けた後にね。

02.
ダイエットも同時進行で
ビール腹を撃退

Eb3b317cb21191b81074d2dcdcb8dd78a9270ab2

乗り物の前方にはドライバーらしき人物がいますが、彼は車体の操縦をするだけ。なので、原動力となるのは、あくまでも飲んでいるお客さんです。いやがおうにもこぎ続ける必要があるので、ビールはやめられないけどお腹も気になる、なんて人にはちょうどいいエクササイズかも。

03.
(人数次第ですが)
財布にもやさしい

F38ae3bc086f8c8867af28aac7dd041c672cde66

1時間or2時間のコースを選べて、乗った人数で料金を割るシステム。最大18人の乗車が可能で、もちろん多ければ多いほどお得。例えば2時間を18人全員で割った場合、1人あたり約1,450円(2017年7月現在)。この価格で、ひとりあたり3〜4杯飲める計算です。

04.
グローバルに交流できる

39944d683f3b25121f8abbc61c4fad3f9f18049f

なによりの特徴は、新たな出会いが期待できる点。動き出したら、あとは「ビールを楽しむ」という共通の目的に向けて一直線。途中席替えもできるようだから、いろんなバックグラウンドをもつ人たちと交流できるのでは。

ブダペストで外せない観光スポットは?東欧でオススメのビールは?お互いに情報交換すれば、より充実した旅になりそうですね。

Licensed material used with permission by Beers On Wheels Budapest
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
料理スキルに自信はないけれど、気の利いたゴハンは作ってみたい。そんな願望に応えてくれるのが、今回紹介する「ビールごはん」。読んで字のごとく、水の代わりにビ...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
ビールのおつまみの定番といえば、枝豆。とくに夏は食べる機会も増えますよね。茹でて塩を振るだけでもおいしいですが、ひと手間加えるだけで絶品おつまみに変身する...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
なにやらムーディーな雰囲気の中、立ち飲みを楽しんでいる人たち。これがまさか、トラックの荷台に広がる空間だとは…。このトラックの正体は、移動式クラフトビアバ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...