汚水からビールを醸造!?ポートランドで始まった驚きのリサイクル計画

以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚水を浄化して地ビールを醸造しようという団体もいるようです。

オレゴン州ポートランド郊外で水道事業を手がける「Clean Water Services」は、地ビールメーカーに対し「下水を浄化した水でビール作りに挑戦して欲しい」と、話を持ちかけたといいます。

汚水を「浄化」した水で 地ビールを醸造

Medium c889778b54c35c89d7230bdf410393bc5558fdf7

同州の地ビールクラブ「Oregon Brew Crew」は、世界的な課題である「水源の確保」に対し、汚水の利用にチャレンジしたいと前向きな姿勢を示しているよう。実際に使用された装置で浄化した水は、飲料水としての連邦基準もクリアしており、すでに多くの地区で利用されているのだとか。

昨年秋には、パイロットプロジェクトとして、テュアラティン川の水を使用した16種のビールが1,000ガロン(およそ3,800リットル)程醸造されています。 ブリュワーにもよりますが、ミネラルを追加することができる純水を利用することには大きなメリットがあるようです。なぜなら、硬水に含まれたミネラルを除去することはとても難しく、味への影響も大きいのだそう。

ビールを飲みながら 環境問題を語り合おう

汚水を飲料用の水源とするためには、消費者の環境保護の意識をさらに高めていく働きかけが欠かせません。そのため、ポートランドで醸造業を営むアート・ラランス氏は、汚水を使用したビール醸造コンテストを提案するなど、新たな取り組みも行っていくようです。

「Clean Water Services」のスポークスマン、Mark Jockers氏は以下のように語っています。

「私たちの本当の挑戦は、自然や水についてもっと語りあえる場を作ることです。語り合いには、ビールがあった方がいいものでしょう?」

「地球上で最も綺麗な水になる」と語る同氏。環境への問題意識と、浄化技術の進歩。そんなことを話し合いながら飲むビール・・・。実際にどんな味がするのか、ちょっと試してみたい気がしませんか?

日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
アツいに夏に飲みたくなるキンキンに冷えたビール。そんなビールの発祥は、なんと紀元前4000年前のメソポタミア文明時代まで遡るんです。当時のビールは、乾燥し...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
コーヒーメーカー?と思ったら大間違い!なんと、これひとつでビールの醸造プロセスをひと通り再現できるのだとか。「MicroBrew」は自分だけのオリジナルビ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...