トラベルライターが語る。20代のうちに行っておくべき「世界の都市20選」

年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターCamha Pham氏が教えてくれました。

01.
ベルリン
(ドイツ)

B8256505c3fc0aca746692e8a4799746b4700612

ベルリンは、すさまじくクールなオーラを放っています。創造的で流行に敏感な、起業家タイプの人を引き寄せるでしょう。

クロイツベルクのバーをチェックし、スプリー川沿いを散策し、マウアーパークのフリーマーケットへ出かけ、テンペルホーフ空港跡地の滑走路を自転車で走ってみてください。この街の最新の流れに着いていくには、全力のスタミナが必要になります。

02.
ブダペスト
(ハンガリー)

9a2b085586a81b266b7eef38e7190f5c590b51b6

ブダペストはヨーロッパで最もクールな都市の一つ。光り輝くドナウ川は都市を2つに分断し、パーソナリティを分ける境界線にもなっています。

緑豊かなブダ地区では、日中に多くの観光客を目にし、夜はペスト地区でパーティーへと向かう人々の姿を見かけるでしょう。流行りのユダヤ人地区に滞在し、ビルの跡地に作られたルーインパブで時を過ごしてみてください。その元祖で、最も有名なお店「Szimpla Kert」は、素晴らしい雰囲気です。

03.
ロンドン
(イギリス)

文化のるつぼで、素晴らしい音楽の拠点でもあるロンドンは、「宇宙の中心」と形容されるほど。これは、この地を訪れれば分かる、紛れもない事実です。

イーストロンドンでクールな若者と一緒にジントニックを味わい、ポートベロー・マーケットでビンテージの掘り出し物を見つけましょう。

04.
東京

東京にはユニークで風変わりな、素晴らしいものが存在しています。東京ほど様々な要素に富んだ街は他にありません。

新宿ゴールデン街の狭い居酒屋でサラリーマンたちと日本酒を味わい、オタクの街・秋葉原であなたのマニア心に火をつけ、カラオケでJポップを熱唱してください。

05.
ニューヨーク
(アメリカ)

コンクリートジャングルを行き交うニューヨーカーについていくには、特有のセンスが必要になるでしょう。最先端のロウワー・イースト・サイドや、自由でレトロなグリニッジ・ヴィレッジ、お洒落なトライベッカなど、あなたの心に語りかける場所を見つけてください。

ハイラインを歩き、セントラルパークを訪れて、エンパイア・ステート・ビルディングからの眺めに酔いしれましょう。

06.
ドゥブロヴニク
(クロアチア)

62b9d6cda73548c1b893299ae1232044914641ec

素晴らしいロケーションに恵まれたドゥブロヴニクは、あらゆる人が訪れるべき場所。アドリア海独特の魅力的なオーラを放っており、旧市街の城壁の内側には多くの店が存在しています。

「壁の穴」とも呼ばれる、Buza Barを必ず訪れてください。ここは崖の上に建つバーで、きらきらと光輝く海が一望できます。その絶景が夢でないことを確かめるために、思わず顔をつねってしまうかも。

07.
アムステルダム
(オランダ)

洗練と自由の奇妙な組み合わせから成るアムステルダム。運河とチューリップ、セックスとマリファナの中心地です。20代の若者は、文化面はもちろん、現地の人々の類を見ないフレンドリーさに魅了されることでしょう。

08.
リオデジャネイロ
(ブラジル)

8b4d97d6b0f87288368053643e23dad8c4fa5c85

一晩中騒ぎまわることが大好きなブラジル人。生まれながらにして、盛り上がるための方法を知っているのです。ぜひともカーニバルに合わせて、旅を計画してください。

もちろん、コパカバーナやイパネマのビーチで日光浴を楽しんでもOK。心ゆくまで、カイピリーニャを飲みながら時を過ごしてみて。

09.
プーケット
(タイ)

大半のパーティーイベントはバングラー通り沿いで行われており、まばゆいネオンの光の中、興味を引くもの、珍しいものに出会えるでしょう。

10.
香港

短期滞在ではもったいない香港の街は、料理やショッピング、エンターテインメントにおいて最高の体験を提供してくれます。ミシュランの星を持ちながらも手頃な価格のレストラン「Tim Ho Wan」で餃子を味わい、ビクトリア・ハーバーの絶景を楽しんで。

11.
バロセロナ
(スペイン)

Ddd586160d84a8ae69753598b3cf54261b07d852

この活気に満ちたスペインの都市には、個性的な建築物、美味しい料理、にぎやかな夜遊びが見事に入り混じっています。日中はガウディの建築物を探索し、ラ・ボケリアでフレッシュジュースを購入して、タパスを楽しみましょう。

12.
ラスベガス
(アメリカ)

この場所については、詳しいことは言えません。なぜなら、ラスベガスで起こることは、ラスベガスでしか分からないからです。この砂漠の中のオアシスは、パーティーマニアやギャンブル好きのために作られています。あなたはすぐにその人工的なゴージャスさの虜となるでしょう。

13.
ブエノスアイレス
(アルゼンチン)

ここは、朝まで大いに盛り上がれる街。なぜなら、ブエノスアイレスでのパーティーは朝2時に始まるからです。コーヒーを飲んで、ちゃんと目を覚ましておきましょう。上品かつセクシーで、魅惑的な街。太陽が昇るまで、踊り続けましょう。

14.
イスタンブール
(トルコ)

4e640b153eb28e81e6f88d6cc6c0e6b2263a3cce

西洋と東洋が交差する街、イスタンブール。異なる文化と帝国の影響が融合する国際的な場所です。ブルーモスクから聞こえる美しい音で目を覚まし、グランドバザールでカラフルなスカーフやカーペットを値切って購入したら、ハマムを訪れて伝統的なお風呂と垢すりを満喫してください。

15.
ニューオーリンズ
(アメリカ)

ジャズ発祥の地としてだけでなく、その明るくにぎやかな夜の遊びでも有名な場所。あなたは、この都市を象徴する「ジョイ・デ・ビブレ(生きる喜び)」の精神に圧倒されることでしょう。

16.
テルアビブ
(イスラエル)

美しい海岸線と決してあなたを眠らせない陽気なエネルギーに満ちた、活気あふれる都市。パーティーの街として知られていますが、これは紛争に打ちひしがれることなく、現地の人々が今の瞬間を大切に生きながら、娯楽と喜びを求めていることに由来するのかもしれません。

17.
レイキャヴィーク
(アイスランド)

D47d17250472210c52d8681eff91ad999724aeaf

高級な観光地ですが、お金を費やすだけの価値は十分にあります。ロードトリップを楽しんで、景色の美しさに感動した後、「rúntur」と呼ばれる、街のバーをはしごするイベントに参加したくなるでしょう。

18.
サントリーニ
(ギリシャ)

華やかなお祭りモードで有名な島は他にもありますが、絶景に関しては、間違いなくサントリーニ島が抜きん出ています。崖の上に見事にそびえ立つ白い壁の家々は、インディゴカラーのエーゲ海と素晴らしいコントラストを形成しています。あなたの記憶の中にいつまでも残る光景となること間違いなし。

19.
メルボルン
(オーストラリア)

ここは私の故郷ですから偏見があるかもしれません。が、メルボルンは世界で最もクールな街の一つ。最高のバーやレストラン、コーヒーショップが揃っています。

薄暗い道の先や看板のないドアの先に、あらゆるものが待ち構えています。少々コツが必要ですが、大まかなルールは、あなたが出くわしたあらゆる路地に思い切って飛び込んでみること。でも、ちょっと勇気がいりますよね。

20.
モントリオール
(カナダ)

32623bb3288fd5471598464be8657e0e02045b2e

ここは、フランス以外でフランス語を話す人の数がもっとも多い街。頻繁に開催されるお祭りや独創的な料理、そして、フランス語を練習できる無数のカクテルバーは、あなたを魅了してやみません。

Licensed material used with permission by Elite Daily
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
世界に飛び出して、旅したいと思うすべての女性に目を通してほしい記事が「Elite Daily」で紹介されていました。今回、ライターのCharlotte B...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
世界各国の引っ越し先を検索できるという、海外生活の手助けをしてくれる家探しサイト「Nestpick」から、ミレニアル世代が住みやすい都市ランキングが発表さ...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...