【2014年決定版】ガイドブックには載ってない、一人旅に最適な国ランキング!

気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になることは間違いない。という事で今回は、アメリカの旅行ガイドTRAVEL+LEISUREで発表された、「Best Countries for Solo Travelers(1人旅に最適な国ランキング)」を紹介しよう。

1位:ニュージーランド

safeforsolotravel_84977458

1位に輝いたのはニュージーランド。その理由は「1人でも安全に冒険出来るから」だそう。自然豊かなこの国は、国土の約30%以上が自然保護区に指定されている。英語圏の中で比較的物価も安く、治安も良好。実は、知る人ぞ知る「ワイン」の名産地でもある。

2位:ノルウェー

safeforsolotravel_00071354915_Large

スポットにより様々だが、比較的治安が良いとされるノルウェー。1人旅をしている人も多い。旅の始まりの定番地は、ノルウェー第2の都市であり、フィヨルド観光の玄関口でもある「ベルゲン」

3位:スイス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

交通網が整備されており、時間にも割と正確で日本とどこか似た雰囲気を持つスイス。治安の良さで有名な国であったが、近年、窃盗や置き引きが増加しているとの情報もあるので、最低限の注意は払いたい。

4位:コスタリカ

Arenal Volcano Landscape

コスタリカは貴重な動植物の宝庫。世界最大級の噴火口を持つ「ポアス火山」や溶岩流出の様子を見る事が出来る「アレナル火山」、手塚治虫の『火の鳥』のモデルになったと言われる「ケツァール」など、手つかずの自然がここには残っている。

5位:オーストリア

safeforsolotravel_76931665

オーストリアの首都、ウィーンの街は小さく、最も観光し易い都市の1つでもある。美術館やコンサートホールが街の至る所にあり、芸術好きの旅人にはぴったりの観光地だ。

6位:ベトナム

safeforsolotravel_138214511

日本人女性に人気の観光地ベトナムも6位にランクイン。南北に長いこの国は、都市によって異なる雰囲気を持つ。近隣諸国に比べると治安はとても良いが、「スリ」や「ひったくり」には細心の注意を払って行動しよう。

7位:チリ

Magic light

経済も安定し、国民の生活水準も高く、他の南米諸国に比べて治安が良いとされるチリ。名産は「チリワイン」で、サンチアゴ周辺にはワイナリーが数多く存在する。モアイ像で有名なイースター島は欠かせない観光スポットだ。

8位:日本

ssafeforsolotravel_110040665

日本の警察は世界で1.2位を争うくらい有能だそうで、治安が最も良い国に1つとして挙げられることもしばしば。ちなみに、外国人が選んだ日本観光地Top3は、3位:厳島神社(広島)、2位:広島県平和記念資料館(広島)、1位:伏見稲荷大社(京都)。

8位:スウェーデン

Stockholm - Stortorget place in Gamla stan

「北欧のヴェネチア」とも呼ばれる水の都、スウェーデン。最も有名な都市はストックホルムだが、バルト海のリゾート地ゴットランド島に港町ヨーテボリなど、他にも個性的な街が点在している。

9位:インドネシア

safeforsolotravel_348257096

近年著しい発展を遂げているインドネシア。メインの5つの島と、17000以上の小さな島から成っており、300以上の多様な民族が生活している。バリ島やジャワ島などのリゾート地に加え、歴史的建造物や伝統芸能、緑溢れる自然など、魅力がたっぷりで今一押しの観光地だ。

10位:ドイツ

safeforsolotravel_000084567843_Large

ベルリンの壁、ノイシュヴァンシュタイン城、ロマンチック街道、オクトーバーフェストをはじめ、他にも魅力が満載のドイツ。おススメの季節は、クリスマスマーケットが開催される冬。これから計画を立ててもまだ間に合うので是非行ってみてはどうだろう。

Reference : TRAVEL+LEISURE

海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
一人旅が最高の旅のスタイルであることの理由!「ひとり」であることには、しばしばマイナスイメージが付きまとっている。例えば、1人で食事をしたり、映画を観に行...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
 本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
安藤 美冬/Mifuyu Ando1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にと...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
有名観光地はいつでも行ける若いうちは、もっと冒険しよう!世界中に存在する有名観光地、勿論どこだって行って見たいと思うものだが、ニューヨークやパリなど、すで...
早稲田大学政治経済学部4年の松井鈴果さんは、ワシントンDCにあるAmerican Universityへの留学後、そのまま「宗教」をテーマに世界一周をし、...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
2017年、あなたはどんな目標を立てていますか?ジムに通う、ダイエットをする、ヨガをはじめる…そんな意識の高い目標もいいですが、本当の心の声に耳を傾けてみ...
林 季一郎 Kichiro Hayashi平岩 隆 Takashi Hiraiwa世界一周の旅のテーマは、本物の冒険を共有すること。林さんは慶應大学、平岩...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...