「自由に旅するために努力をしたんだ」。2年間で50ヶ国を回った、21歳の旅人

「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の旅の手段は、いたってシンプル。大学在学中、世界中にコネクションをつくり、その交友関係をうまく使いながら、お金と時間に限りはあれど、2年間でなんと50ヶ国を回ったと言います。

旅するためには、努力を惜しまない。

B9b69731f3c0224dc68355318299ed17dc58925c

米・カリフォルニア州で育った彼が初めて海外へ行ったのは、家族旅行でのメキシコでした。でも彼の人生を大きく決定づけたのは、16歳のときに修学旅行で行ったイタリアでの経験だったそうです。そこで旅の面白さにどっぷりとハマったのでした。

驚くべきは、その後の彼の行動。猛勉強の末、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)を2年で卒業し、その間もたくさんの国を訪れました。しかし彼は、ただ多くの国を旅しただけではありません。

旅先で多くの友人を作り、また次の旅の足がかりとしたのです。彼は旅を実現するためにどんな努力も惜しまず、勉強し、計画を立て、コネクションを作りました。旅は彼の人生そのものなのです。

彼の鮮やかな冒険が記録されているInstagramには65千人を越えるフォロワーがいますが、彼もまた28万人ものフォローをしています。これこそが彼の努力の結果であり、財産なのです。

「死ぬ前にやっておきたかったことは、
もうほとんどできている」

4c8b3e6403f696ab31c1c646e328ffabf65c987a

エジプトでピラミッドに登ったり。

08da26478157a297a56e6280fb0795f75a6f6a76

ベルリンではハロウィンパーティに参加。

E9760f6271be68702715a6b742e0615b510bbe40

こちらは中国の成都でパンダと。

4828e129d67c56cac136270b515207daae80c98f

オーストラリアのエアーズロック。

33aa332c20c14fa75ba60d7b51393e11f2b35fda

もちろん東京も。

Bc5e37bedf13f7504c6fed2f27695b2151e24bcc

最近ではオリンピックのあったリオも訪れています。

「苦しいことや、哀しい思い出もあったよ」

D7345d6face3c837161b2d2f31235e1ca6359a09

テロ事件のあとにはパリも訪問。

3c623e26c55ef3ff689032e2f775f22c5c818099

タイのパーティでは強盗に遭い、所持品をすべて奪われ、危うく命を落とすところだったことも。

「この経験を生かして
仕事をする準備ができているんだ」

57b4ab88bb7790320f83fb589d401bc41f86bdfa

グリーソンは、これらの旅を通して、自分自身の成長を実感しているそうです。「BUSINESS INSIDER」のインタビューによれば、

「僕が経験したことや、見てきた文化、出会った人々、良かったこと、悪かったこと、全部が今に繋がっているんだ。僕はこの年でこんなに楽しい体験ができたことに感謝しているよ」

さらに彼は、こう続けます。

「僕はいつも、何か新しいことにトライすべきだと思っているんだ。なにもしないなんて、もったいないよ。僕は自分自身の物語を綴っているつもりだよ。望むところはどこへだって行くさ」

21歳の彼のテーマは「常に行動的であり続けたい」ということ。死を感じさせるような恐ろしい経験も含めて、旅の素晴らしさを知ってしまった彼は、これからも世界中を旅し続けることでしょう。

Licensed material used with permission by W. Taylor Anthony
旅については様々な学術的な研究も重ねてきたという、旅研究家のKathleen Peddicord氏。彼は30年以上に渡り60ヵ国以上を旅してきた、旅のエキ...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
俳優、モデルとして活躍中の尚玄氏。彼にはプロフィールには載らない“旅人”というもうひとつの顔がある。彼にとって、旅とはなんなのか? それは表現にどう役立っ...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...