「写真は恥ずかしいけれど、旅の思い出は残したい」。その解決策がコチラ

イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は、自分のいない風景ばかり。

何だか寂しいなと考えた彼女が思いついたのは、イラストレーターならではの方法。Minelliさんにしか撮ることのできない、キュートな旅行写真シリーズです。

イラストで巡る
インドの旅

B17cf029fc15c20c497d095f9be714481a9aebb3664fe2d3525ad601427ad253aac9b57cf2809ead

Minelliさんが考えついたのは、自分のイラストを描いて旅行先の風景と一緒に写真を撮ること。これなら写りを気にする必要もないし、旅行を満喫する分身の写真をあとから見返せば、思い出はどんどん蘇ってきそうです。

Ae8ca4b6934c18476c54176568b83dadc65888f5

インドに来ました。イラストがインド仕様なのがカワイイ。

E7e7776d212239657de2142927cc88fe203c851d

まずはジャイプルでパシャリ。赤い城壁で囲まれた、別名「ピンクシティ」。

4e68ee8295c613f641b718a7398c73658631673b

アホア。独特の街並みの中で。

09769a20ea417814372536ba31f7fb415b1cc5ed

バイラカップ。伝統的な掛け軸の前で。

Cd2b298f7f95f9635cb3c59915dfb9bd7182ae9f

ビーカーネールで、ショッピングを楽しむMinelliさん。

458cb93c3405fde0e457ef2ecb475ff5f0cb95c1

こちらはコダグにある丘。

5a9c32aec0727e6a41af27a34658911a9b6121c6

ラージャスターン州、湖の都ウダイプルです。

E997dda43a7b9282f96f9970dfb2f91eeab808e6

「Kochi-Muziris Biennale」では、現代アートを堪能。

C3264937f39bceec4c181c5398cfacf88102e03c

アナンタプルの石段前で。 

7d68ea2dd571d35b867f88a1784bf7a4e9dc4797

過去にポルトガル統治を受けた影響から、独特の雰囲気を持つゴア。

今回の旅は、ここでお別れ。次の旅先から届く写真も楽しみです。

Licensed material used with permission by Minelli Pinto, (Facebook), (Instagram)
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
旅については様々な学術的な研究も重ねてきたという、旅研究家のKathleen Peddicord氏。彼は30年以上に渡り60ヵ国以上を旅してきた、旅のエキ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
ロンドン在住のMaxwell Tilseさん(23歳・男性)は、いま旅の真っ最中。各地で作品を売りながら、ヨーロッパをまわっています。描かれた風景は、どれ...