Airbnbが発表した「イタリアの古代集落」に泊まってみたい

ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。

そんなとき「Airbnb」を使えば、イタリアの古代集落に泊まれるそうです。

中世の街並みが
あなたを貴族にする

36f9bc23cc3a271fd8f03a589c775baec5e56c96

Photo by Airbnb

91f0f2a2a66abcbb37f09638d86d047a67d56076

Photo by Airbnb

ここは、13世紀に作られたチヴィタ・ディ・バーニョレージョ(Civita di Bagnoregio)という集落。イタリアの公共建築物で初めて「Airbnb」に常時掲載されることになった物件だとか。

ちなみに、この崖の上の集落に通じる道は約300mの橋だけ。まるで、天空の城。

2382cc02155945dc29e4c9c194b5beb77932c7b2

Photo by Airbnb

7aaa5a5b738145eec7ae774f251c00edf8f0c3dd

Photo by Airbnb

もちろん、部屋の中にも中世の雰囲気はそのまま残っていて、貴族の気分を味わえるはず。

となると、飲むのはイタリアワインで決まり。あえて古びたグラスを使うのも、雰囲気が出て楽しそう。

この物件、最大5名まで1泊300ユーロ(約35,000円)から予約可能。また、一定の条件を満たしたアーティストには1泊10ユーロ(約1,200円)で泊まれるという特典も。

さらに社会貢献も?

258ac507a58f2837dc372bef2400b0aeeccbe564

Photo by Airbnb

言い忘れてましたが、この集落の別名は「死にゆく街」。なんでも、ここは1980年に起きた大地震で多大なる被害を受け、今でも雨や風の影響で少しずつ衰退しているらしいのです。

そこで「Airbnb」から得られた全ての収益は、集落の文化保存、維持に使われるとのこと。

今度のバケーションは、イタリアの文化財を保存しつつ、中世の雰囲気を味わう一石二鳥な旅もアリかもしれません。

Licensed material used with permission by Airbnb
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
コロッセオにトレビの泉、スペイン広場…。ローマに観光名所は数あれど、ここで紹介する小さな教会を訪れる人は、そう多くはないかもしれません。サンタマリア・デッ...
鮮やかな色彩とグラデーションが特徴的なパントンカラー、つまり「色見本」。デザインや建築の現場でよく利用されていますよね。イタリア出身のグラフィックデザイナ...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...