麦雑穀工房からの贈り物。美しいクラフトビールを召し上がれ。

埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらないと気がすまないんです。」麦雑穀工房(ざっこくこうぼう)マイクロブルワリー創業者の馬場勇さんはそう言って照れた。ガラガラと引き戸を開けると、工房の中は、エル字のカウンターやビール瓶などが、使いやすく誂えたキッチンのように調和されていた。

69ad53e36dfcb417ddc170d3166586b0fbed72a7

すっきりととのえられた明るい空間。

百の土仕事からはじまった、
ひとつのビールづくり。

馬場さんは、ある時、たまたまハイキングに訪れた小川町で、山の中腹から見下ろした里の姿に深く感銘を受けたという。子育てが落ち着いたら、自然が豊かな、空気のきれいなところで暮らしたいという夢を持っていた馬場さんにとって、この地はまさにぴったりの場所だった。「ああ、なんていいところなんだろうと思ったんです。」引っ越してから庭で作物を育てていると、そのうち、畑でやってみないかと声がかかるようになった。はじめは、野菜と果物だけだったが、そのうち穀類にも広がるようになり、憧れであった百の土仕事(百姓仕事)をはじめることになった。

Fefc8b45bfe50cd3d370e659aed913dbc699eb47

手書き風の大きな文字が目印。

E443cea0246b02614a6654b3611c66b0ccd49f24

作物と対話を続けてきた馬場さん。

麦や雑穀は、籾摺り(もみすり)や精白、製粉など、ひとつひとつの工程に、とてもデリケートな作業が伴い、食べるところまでもっていくことがとても大変である。育てた麦や雑穀は、どのように利用していくのが良いのだろうか。製粉する効率をもっと上げたいと悩んでいた矢先、DIYショップで偶然見つけたのが、ビール缶だった。麦の利用方法はこれじゃないかと、ひらめいた瞬間だった。

B4e5747995739cc5c24864a8a6b437fcabfc7bda

穀類を美味しくいただくにはどうしたら良いのだろう。

理想のクラフトビールを
追いもとめて。

もともと別の仕事に就いていた馬場さんは、畑仕事とビールづくりを独学で学び、醸造免許取得した翌年に、58歳の時に退職した。そうして2004年に始まったのが、麦雑穀工房マイクロブルワリーだ。地域の原料を使って作るというのが地ビールという言葉の発祥なのだが、最近ではクラフトビールという言葉のほうが一般化してきている。機械的じゃない、人の手から生まれた手仕事(クラフト)の美しさを、ビールを通して、お客さんと分かち合いたい。そんな想いから、小さな手づくりのビアパブも併設された。

2006e378ce9fd39f69c770589d7e7284f02ffbb1

タンクはいつでもぴかぴかに手入れされている。

手づくりのパンと一緒に、
味わってもらいたい。

酵母からくる甘い香りが心地よい看板メニューの『雑穀ヴァイツェン』は、角のないまあるい味。大麦のほかに小麦、ライ麦、さらにアワやキビなどの雑穀も使って醸造された。ライ麦を加えることで、とろみがつき、やわらかくまろやかな味わいになったそうだ。タンクのはじめと終わりで味わいが変わる、生きているビールだ。

0cb7fdd45b75c382b4c25d33094b533aa51cfd4f

あっさりとして、とても飲みやすい。

店内では、ビールと同じ小麦やライ麦を使って造られた美味しいパンもいただける。アルコールが入っているかいないかだけで、パンの材料は、ビールとほぼ同じである。そう考えると、液体と個体のパンを両方味わえる場所とも言えるだろう。

A9b70b2e705abaa324416db99481a7dd9acbdf6d

やわらかいオリーブの食感が、ビールとよく合う。

ビールを日常的にいただくことを考えると、スーパーなどで気軽に手に入る缶ビールが一般的だろう。クラフトビールは、そのていねいな手仕事から、特別なもの、一部のビール好きのための嗜好品といったイメージが拭えない。たとえば、商店街の喫茶店を想像してもらいたい。地元の人たちが集まって、今日あったことや、未来のことについて話をする時、そこに、街のビールがあったらどうだろうか。

たった一杯のビールが、人と人、人と地域をつなぐ役目を担ってくれるだろう。こんなふうに、クラフトビールも、自分たちの味わいとして楽しんでもらえたらと願う。「大家さんは、細かいことはなんにも言わず、見守ってくれているんですね。ここが繁盛すれば、こんないいことはないって。」麦雑穀工房のビールを飲んだら、きっともっとビールが好きになる。そんな魔法にかかってしまうビールなのだ。

Bf5bacdecd4fb044fa77b93e22c48b25b6afb2a1F93e1401e0d1cb1c3378679b002bfc8a61bdca95

【イベント開催情報】
TABI LABO YEAR END PARTY 2016」にて、麦雑穀工房マイクロブルワリーのおいしいクラフトビールがいただけます。ぜひ、お立ち寄りください。

日程:2016年12月18日(日)
時間:12:00〜14:30(11:30より受付開始)
場所:9STORIES
住所:東京都渋谷区元代々木町22-3
※イベント詳細、及び、お申し込みはコチラをご覧ください。

7f9b5c6d3099b384546245927e4380c148baf5df8073e5777ee8634fa56f3f9e31006bc1d609954f
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
あっという間に年末ですね。日頃の感謝の気持ちを込めて、今年も「TABI LABO YEAR END PARTY」を開催します。今回は、なかなか入手が難しい...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...