カラフルな家具が、カイロの「ゴミ問題」解決の糸口になる

小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気がありますよね。

ここで紹介する椅子も、じつはゴミからできたものなんです。街にあふれるほどあるプラスチックバッグ(ビニール袋)を再利用することで、大きなメリットを生んでいるようですよ。

ゴミ処理問題解決へ向けて
“捨てない椅子”が動き出す

8fb47c70059cbee5658fbce4a126ca6f6eac0abdD2c1ac90b827f63de07a200037655ee3e165d2a6

まず、ゴミからできていると言っても、ビニール袋が使われているのはカラフルな座面(ないしは背もたれ)の部分。耐久性があって、エコフレンドリーなハンドメイドのこの生地に注目!

E24adc55fa5606245de8dc2f943c825486157419Ef43ac3f55b5ec38a8eda8d07d116baecebf21c6

カイロの若手デザイナー(Mariam HazemさんとHend Riadさん)によるデザインユニット「Reform Studio」は、街にあふれるこのゴミ袋をリサイクルした生地で、椅子やバッグなどオリジナルプロダクトを製造しています。2014年だけでも、じつに79万枚近くのビニール袋を回収し、生地へとリメイクしてきました。

集めた袋を殺菌消毒、そこから糸のように細く裂いて加工していきます。これを織機でていねいに手作業で織り込んでいくと、「Plastex」と名付けたカラフルな生地ができあがり。

B81aa7bcec30caf1adb640665df15b845d2b4a3511d1f841676d4be4dc5cab6692e06ac044dd4028

「ゴミとして分類される前に、ビニール袋のライフサイクルを延長させることが最大の目的」とメッセージングする彼ら。

というのもReform Studioの調べでは、カイロ市内で利用されるビニール製の買い物袋の平均利用時間は、せいぜい約12分程度なんだとか。ショップから自宅へと商品を持ち運びするのにかかる時間なのでしょう。家につけば、その大半はゴミとなるのが関の山。ところが、家庭ゴミとして捨てられるプラスチックゴミの処理が、現在カイロ市内で満足いかない状況なんだとか。

ゴミ処理問題の背景に
ジャスミン革命の功罪が

9395185bfab1b23b5d264d9c8cbbafec03f3911b

そこには、こんなお国情報が。

「Citylab」が伝えるところによると、エジプトでは1940年代より、いわゆる廃品回収業者のように街のゴミを収集し、リサイクル業者に引き取ってもらうことで生計を立てる「Zabaleen」と呼ばれる人々がいたそうです。ところが、ムバラク元大統領が2004年、海外資本のゴミ処理施設を誘致したことで、Zabaleenたちは職を失うことに。

もともとは、ゴミの問題を解決する手段だったはずの処理施設は、先のジャスミン革命による元大統領の失脚以後、施設はほどんど機能していない状態なんだそう。日に日にプラスチックゴミはあふれるばかり。カイロ市内はビニール袋を始めとするプラスチックゴミの処理問題が深刻化しているのです。

そんな矢先のReform Studioのリサイクル生地に、国の内外から注目が集まることになりました。

83dd39f49f7bdabe177157a67d9d1e46f40bcbbe80a3f656b0dbc068a9dcb8ac3fb0a707c42846835e1c82e7b1d5c43e216d5426bd4be2d9c2fa5f6c8ef0b90e6fbd8900acd50aa5aab3b037ffc5d4ddB8e63d85bca3cf789d45df9c5e09a369e6a0ffe4

エシカルな暮らしに寄りそう
新しいエジプトが始まるかも

131a3e09e7fd6cb8787f7dffca55a0195c3a2efa

67%をビニール袋、残りもリサイクルコットンで織り込んだPlastex。あえて手織りにこだわるのにも意図があります。エジプトに千年以上伝わる伝統工芸を用いることは、わずか12分足らずの用途のために製造されたものでも、長く使いたくなる日用品へと変容させることができる。こうしたエコ・コンシャスなアイデアをエジプトに根付かせたいとする、若きデザイナーのチャレンンジでもあるようです。

2011年、民衆蜂起に触発され、アラブの春を目の当たりにした若きデザイナーふたりは、このリサイクル生地を通して、エコ・コンシャスで新たなライフスタイルをエジプトに根付かせたい、という大きなチャレンジに乗り出したばかり。

いつか、エジプトの旅土産のひとつに、このカラフルな生地を使った製品が定番になる日が来るかもしれませんね。

Reference:Citylab
Licensed material used with permission by Reform Studio
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
一見何の変哲もない、オシャレな調度品が揃った部屋。じつはこの部屋の家具には、隠された秘密があるんです。キャビネットの上のオブジェを隣に置いて、おもむろに取...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...