「捨てない工夫」がエコで粋なスツールを生み出した

Zostera」という名のこのスツール。座面に使われている素材は、なんと海草。しかも、日本の水辺にも生息するあの「藻」だとか。 

05e256ec1122eedb6cc79ec40bf285b67b1a1d34

毎年、北海に面したドイツのビーチには、数万トンにも及ぶ藻が打ちあげられ、その除去処理に膨大な労力が注ぎ込まれている現状。その改善策のひとつとして、ゴミとなってしまう藻を、天然素材のスツールとして再利用するプロジェクトが始まった。

だから、ドイツ語で藻を意味する「Zostera」はそのままスツールの名に。

革新的な素材は
藻×プラスティック

B0469c85c6768f7de2c3d35fdefb83f40e5f0841F7d1e0835e3e194eeba7c86527fd6fc239ece39d

ドイツのプロダクトデザイナーであるCarolin Pertschは、藻の素材化に何度も試行錯誤を繰り返した。そして、ようやくたどり着いた答えが、おもに植物油からなるバイオ樹脂を用いた「エコプラスチック」を藻に混ぜて生成される新素材。

スツールの座面の色合いが、緑からこげ茶までバリエーション豊かなのは、素材の色がそのまま活きているからとのこと。近づいて見ると藻がまるでコルクのように圧縮されているのがよく分かる。こうして、廃棄されるはずだった海岸線の厄介者は、人々の日常へとデザインされた。

“天然のゴミ”に感じた
可能性

Ec1c3bd0ccf9ab0d1425f6c7f37e2da895bdb420

Carolinは、このプロジェクトをきっかけに革新的な加工技術に対する人々の意識が変革することを望んでいるようだ。

天然素材と言えど、ゴミはゴミ。けれどそこに可能性を感じて再利用したこと、リサイクルの定義を自然界まで拡大して取り組んだことに、このプロジェクトの大きな意味がある。もし、このスツールに腰を下ろすチャンスがあったなら、家族や仲間たちと身近な環境について、改めてディスカッションするというのも悪くない。

Licensed material used with permission by Carolin Pertsch
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
友人を自宅に招いての「家飲み」や「パーティー」。そんなとき、あっちこっちから椅子をかき集めてきたりします。それでも足りないってなれば、アウトドア用の折りた...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
ここまで開放的なバンブーハウスは見たことがないし、正直、泊まってみたい。ビーチで波の音を聞きながら、しっぽりと乾杯してみたいものだ。しかもこのバンブーハウ...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...