エコな「食べられるスプーン」が未来のスタンダードになる!?

大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間120億個もの廃棄があり、問題視されていたとか。

そこで開発されたのが、ここで紹介する「食べられるスプーン」というわけ。

原材料は、
米・小麦・きび。

D6158c3bf63636b225105a039a49c509375a966a

「Bakeys」は、米・小麦・きびと3種類の穀粉で作られていて、食事が終わったらそのまま食べられるだけでなく、栄養も満点だそう。

賞味期限は3年間。防腐剤なども使用しておらず、食感はビスケットのようですが、スープやカレーなどの汁物にも使えます。

フレーバーが豊富!

7629d7c45fa976fb0aff03c056006e5fc964fa74

甘いものから、インドらしいスパイシーなものまで種類は様々。

シュガー、ジンジャーシナモン、ジンジャーガーリック、クミン、セロリ、ブラックペッパー、ミントジンジャーなどなど。メニューに合わせてスプーンの味を選ぶ、なんて時代が来るかもしれません。

フォークや箸も!

6f9e592891ede57af9f5e3c1eceaaf51573f8f6e

そんな「食べられるカラトリー」を広めるべく、現在はスプーンだけでなくフォークや箸などのラインナップも進行中。そのための資金を「Kickstarter」で募っています。事前予約の価格は、100個入りで10ドルから。日本に送る場合、送料は5ドルかかります。

捨てても土に還るため、プラスチック製カトラリーの代替品となることが期待されている「Bakeys」。一度食べてみたい!

Licensed material used with permission by BAKEY’S
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
使いやすく、洗いやすく、収納しやすい。そんな三拍子そろった、魔法のような計量スプーンが登場。これさえあれば、大さじと小さじを使い分けなくともひとつで事足り...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄にな...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
「Zostera」という名のこのスツール。座面に使われている素材は、なんと海草。しかも、日本の水辺にも生息するあの「藻」だとか。 毎年、北海に面したドイツ...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...