「スケートボード」で環境問題にアプローチ!?その素材はなんと・・・

アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美しい海をなんとか維持するため、彼らは“エコすぎるスケートボード”を制作しました。

廃棄される漁網を回収し、
リサイクルする仕組みを確立

Medium 4ddafd272aa5afca59db76c7f6acde6bed4ff672

その素材は、南米・チリで廃棄される「漁網」。というのも、漁業の盛んな同国ではシステムの未整備もあり、使用済の漁網が大量に海に投棄されている現状がある模様。それゆえ、海に暮らす生物が命の危険にさらされることも少なくないのだとか。

Medium 97082bb9a11225897ea13ad1dfc0f75240224125

そこでBureo社は、「Net Positiva」という独自の漁網回収&リサイクルシステムを構築。漁師のために然るべき回収ポイントを設置し、良質でリサイクル可能な漁網を入手しているというわけ。

Medium e03cc2d1de62733cd4cbd8a425ef9fdff0085d82Medium c2e91a7bf6eb89ffbd93264f19ce965c05dc693cMedium 3c23518d5b0c445af6725b7864bb5e3d69750d9e

リサイクルされた漁網は新たな素材に生まれ変わり、ロサンゼルスへ。そうして、スケートボード「Ahi」へと変身を遂げるのです。

Medium 782f7cc5d7049fdf99362cb37d9493d0cca46ecbMedium 132ceffa8386217985edbd68cf61e7d073ab5859

ちなみに、彼らの企業名である「Bureo」とは「波」の意。環境問題に対して小さな変化を起こし続けることで、やがて大きな波に変えていく意志が込められているそう。

Medium 4c94f5ed61d0e984b68ac4c98d8c40b157a52a80Medium 7125536eb18947cb30fdb2e2a3120de72cbc5371Medium 2e2608c5b8d15a0fdee46ab7ac22113388c75d28

スケートボードで環境問題にアプローチするなんて、なんともクールな発想ですよね。ちなみに日本では、Bureo社の「Minnow Cruiser」という別モデルをパタゴニア日本支社で購入可能です。

Licensed material used with permission by Bureo Inc
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
スケーターにとっては夢の家?一般的な家で試すには色々と問題がありそうですが、家の中がスケボーパークになってる動画が登場!滑っている男性にも注目です。Lic...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
雄大なノルウェーの山間いを、ロングスケートボードで駆け抜ける女性がいる。ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...