パリで7時間、車の使用を禁止したらここまで青空になった!(画像あり)

2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。

パリ中心地を
1日歩行者天国にしてみた

th_スクリーンショット 2015-10-10 10.29.592ヶ月後に開かれる国連気候変動パリ会議(COP21)に先駆けて、アンヌ・イダルゴ市長が市内での運転を11時から18時まで禁止しました。
パリでは以前から大気汚染が問題になっており、市長はさまざまな取り組みを実施。今回の「車ゼロ施策」もその一環でした。

わずか7時間で
気持ちのいい青空に!

th_スクリーンショット 2015-10-12 18.34.55パリ中心部の広範囲で車の通行を禁止したことで、思わぬ光景がInstagramにアップされることになりました。澄み渡る青空に白い雲。道路の中心地でヨガをする姿から、寝転がる人まで…。

th_スクリーンショット 2015-10-10 10.30.12

英メディア「Gurdian」は、市民の声を次のように紹介しています。

窓の外から街の景色を見たら、思わずハッとしたよ。ここまで遠くの景色を見えたことはなかったからね。空がこんなに青いのもはじめてかもしれない

環境に優しい“車ゼロデー”。高齢者が動きづらくなってしまうなど賛否両論の声も上がっていますが、自分たちの街の未来を考えるキッカケにはなりますね。

Reference : Gurdian
Licensed material used with permission by Paris Cherie (@paris_ci) / Benoît Renoux / Aurélie Guisiano(Book , Instagram

アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっていま...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
パリ同時多発テロから一夜が開けた2015年11月14日朝。バタクラン劇場前でジョン・レノンの『イマジン』を弾くピアニストがいました。その場に居合わせた人々...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
2015年12月28日にYouTubeに投稿された動画の内容が考えさせられると話題だ。あの世界一有名なイタリア人男性と言っても過言ではないマリオブラザーズ...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
夢に出くる「車」は人生におけるあなたの原動力を示しています。車の種類や色、状態、シチュエーションによって、夢の示す意味が変化します。同じ夢でも、夢の印象に...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
英・イーストミッドランドにある救急センター「NHS Trust」がツイッターで公開したのは、ある男の子からの反省文でした。彼は、ちょっとした出来心から救急...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...