車社会の「成れの果て」を描いたイラスト10選

サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会への警鐘ともとれる作品を10点セレクト。自分自身へも問いかけながらチェックして欲しい。

01.
全交通網渋滞
でも、もっともっと!

Medium e2fa97c857d88ad037e52ec02f46a91deaf4d110

02.
車社会の行き先

Medium a318f661d36f8fa397a3cc4908eb37b7df5546a5

03.
エンパイア
クレイジー
カークルージング

Medium 26ead56addfbcd130d74d72dd6e1ce52d760a901

04.
おバカーさんのパラダイス

Medium 86697f2d379a07db06894588528f88e976706e17

05.
キャスト・アウェイ
見捨てられた車たち

Medium c922fcc19c8eca982016de430818c87367bd54ae

06.
ラストカーテン
車のための終曲

Medium 508bb0614b3ff0f521685bdd022edb9c7d7f1569

07.
リヴァイアサンと
カーライフの没落

Medium c3e8cd6b1d845d9875270bc8f9d37a2ab42f3b8c

※リヴァイアサンとは、旧約聖書に登場する海中の怪物。

08.
「モーゼの十戒」?
これは、モーターへの十戒

Medium 86a77109e9828c870e8ff48f79e19ff1c2481dfc

09.
沈みゆく車文明

Medium 9c5b2ffaca959b04dfac5ca2725e508389c190b9

10.
危険な車社会

Medium d0eddb30bec49be3606c88eb2a5589a0917fe677

ちなみにタイトルは、Michelの表題をベースにアメリカの自動車社会を歴史的に考察し、日本人の読者にも分りやすいようアレンジを加えたもの。共感の度合いは、以下の「ささった!」ボタンでリアクションを。

Licensed material used with permission by MICHAEL KERBOW
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
濃淡のあるタッチで描かれた動物たちは、どれも生き生きとして見える。こんな車とすれ違ったら、振り返ってじっくりと眺めてしまう。なんて、最初はそう思っていたん...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
2015年12月28日にYouTubeに投稿された動画の内容が考えさせられると話題だ。あの世界一有名なイタリア人男性と言っても過言ではないマリオブラザーズ...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
夢に出くる「車」は人生におけるあなたの原動力を示しています。車の種類や色、状態、シチュエーションによって、夢の示す意味が変化します。同じ夢でも、夢の印象に...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...