「現代ならではの闇」をとらえた風刺イラスト8枚

世の中はもの凄いスピードで変化していく。

たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。すると今度はテレビの視聴が可能になって、気づいたらスマートフォンへ。

でも、現代にはびこる問題は、そうやって便利になったからこそ生じる部分もある。Al Margen Paginaさんが描いたイラストは、今の社会に生きる人だからこそわかる「闇」を、わかりやすく描写している。

E2d67bb838c6a24d1310a788feff37e98a02de03

今や繋がる人の数は、数百人数千人。下手したらそれ以上にも。顔を合わせなくても、常に見られているかのようなプレッシャーが。

2fcb0b9164b13311eeea71ca40554d1eb84cce21

どんなに痩せても、まだ足りない。

3c39a839e65a7c5861327ef4299156bd3a8cc8fb

充電すれば動く機械のように働く。

8d189daa5338d2c49eaa4c1a07badbea74dc4804

なのに、一部の金持ちには永遠に届かない。

90ee6bf26f2920db6d334b427e85bb343b10410e

大学を出ていても関係なし。まるでベルトコンベヤーのような日々。

3c393bf151b3aadb727482f80a256c65d0715149

実際どれくらい忙しいかって?1日中デスクに張り付いていなきゃいけないほどだよ。

7c44fd470a121ee5014e5e02b3202697f9ac4cb3

気づけば働くかスマホを覗くことしかしていない。

E07f29d168610f5f3e96d1204451bbf44f47a230

それでも選択肢はただ一つ。「再生ボタン」を押し続けて前に進むだけ。

Licensed material used with permission by Al Margen Pagina
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
ホームレス、売春、恐喝、アルコール中毒、窃盗、傷害、詐欺、嘘、裏切り…。この映画は、現代におけるすべての闇の要素で構成されている。主人公は、引きこもりのホ...
ディズニープリンセスが大好きな、イラストレーターのAnooshaさん。このたび、「もし彼女たちが、21世紀に生きていたら?」という想像のもと、以下のような...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
フォロワー70万人を超えるインスタアカウント「Petites Luxures」。フレンチエロスをポップなイラストで表現している。性の解放、快楽を大いに楽し...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
多種多様な働き方が可能な現代では、あえて組織に属さないという選択も市民権を得ています。が、もちろんそこは一長一短。あっちが立てばこっちが立たずといったとこ...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
既存の地図と位置情報機能、カメラが取り込む情報を使って、スマホの画面に拡張現実(AR)を作りだしてポケモンを探す。すでに総ダウンロード数7,500万件を突...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...