現代社会を風刺した「イラスト10枚」。その意味を考えさせられる・・・

Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操られるかのような生活を送る人類──。誰にとっても他人事ではない事象を見事に表現しています。

彼自身は一つひとつのイラストに対して多くを語ることはありません。ここでは、米メディア「boredpanda」の記事に寄せられたコメントや感想などと一緒にご紹介していきましょう。ぜひ「どんな意味があるんだろう?」と想像しながら読み進めてみてください。

01.

289adae5fd9550461324622dbc2012259f676f80

「私の母もシングルマザーだから、とても考えさせられるわ」

「夫婦の進むべき方向が逆になったっていう意味じゃないかな?」

「父親はすでに死んでしまって、それでも家族を支えている、とか」

02.

D5b942980a463910f350ec07fe344dadd0116158

「地球温暖化は、自ら招いているんだ」

「一部の人間が、地球を壊そうとしているっていう意味だろ?」

「資本主義的な欲求がすべてを燃やしてしまう」

03.

893bdf8d5a328004279b8dec0dbfeafcd2060416

「男らしく成長しろ、ってなんだろうね?疑問を感じるよ」

「社会に決められた“大人のカタチ”にしか成長できないのさ」

「親の期待に束縛されているんだろうな」

04.

Dd3d37721fb2e9de8c538f48cbd0e4891556aca5

「スマホを使っているのか、使われているのか」

「技術の奴隷になってしまっている」

「朝のアラームはこんな気分よ」

05.

Da7de3c7aede62c804ef545740a4ec938708d3c6

「文明は労働者を犠牲にして成り立っているんだ」

「社会の基盤が侵食されている」

「持続不可能な社会だね」

06.

Bfe0748f2417763f8ac0d81962c4312187e6d115

「複雑になりすぎた脳」

「眠ろうとする時に限って、こんな感じになるわ」

「なぜ僕が時間通りに仕事を終わらせられないか説明してくれている」

07.

D184f4e3b73a89e4495593c6390893ee6003b0e7

「時間に操られている」

「この男は時間を取り戻そうとしているようにも見える」

「死ぬまで走り続ける、働き続けるってことか」

08.

3e7fcca5dd2b1a20e6c405715475382776f707cc

「老化というマントの下には、美しい知恵がある」

「私たちが耳を傾けないから、知恵は閉じ込められている」

「知恵は老人たちに封印されてしまった」

09.

28d479f12c946181f0986259ff19f0ca8f85e1ab

「いつだって見られている監視社会」

「国家や政府にいつも監視されているんだ」

「ゴキブリの数と同じくらいの監視カメラの数」

10.

160ecffc3d47b921dff20ecd60e93a6dae2f4e41

「成長できるのは、自然の中だけ」

「人類はすべての自然に侵食しているっていう意味では?」

「自然は母なる存在」

人によっては解釈が異なるものもあり、まさに「考えさせられる」風刺イラスト。

あなたはどう思いましたか?

Licensed material used with permission by Igor Morski
Reference:boredpanda
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
死んだあとってどうなるの?と聞かれるといくつか思い浮かぶイメージはありますよね。たとえば、天国とか地獄とか。しかし、ここで紹介するRamin Nazerさ...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...