現代社会を風刺した「イラスト10枚」。その意味を考えさせられる・・・

Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操られるかのような生活を送る人類──。誰にとっても他人事ではない事象を見事に表現しています。

彼自身は一つひとつのイラストに対して多くを語ることはありません。ここでは、米メディア「boredpanda」の記事に寄せられたコメントや感想などと一緒にご紹介していきましょう。ぜひ「どんな意味があるんだろう?」と想像しながら読み進めてみてください。

01.

Medium 289adae5fd9550461324622dbc2012259f676f80

「私の母もシングルマザーだから、とても考えさせられるわ」

「夫婦の進むべき方向が逆になったっていう意味じゃないかな?」

「父親はすでに死んでしまって、それでも家族を支えている、とか」

02.

Medium d5b942980a463910f350ec07fe344dadd0116158

「地球温暖化は、自ら招いているんだ」

「一部の人間が、地球を壊そうとしているっていう意味だろ?」

「資本主義的な欲求がすべてを燃やしてしまう」

03.

Medium 893bdf8d5a328004279b8dec0dbfeafcd2060416

「男らしく成長しろ、ってなんだろうね?疑問を感じるよ」

「社会に決められた“大人のカタチ”にしか成長できないのさ」

「親の期待に束縛されているんだろうな」

04.

Medium dd3d37721fb2e9de8c538f48cbd0e4891556aca5

「スマホを使っているのか、使われているのか」

「技術の奴隷になってしまっている」

「朝のアラームはこんな気分よ」

05.

Medium da7de3c7aede62c804ef545740a4ec938708d3c6

「文明は労働者を犠牲にして成り立っているんだ」

「社会の基盤が侵食されている」

「持続不可能な社会だね」

06.

Medium bfe0748f2417763f8ac0d81962c4312187e6d115

「複雑になりすぎた脳」

「眠ろうとする時に限って、こんな感じになるわ」

「なぜ僕が時間通りに仕事を終わらせられないか説明してくれている」

07.

Medium d184f4e3b73a89e4495593c6390893ee6003b0e7

「時間に操られている」

「この男は時間を取り戻そうとしているようにも見える」

「死ぬまで走り続ける、働き続けるってことか」

08.

Medium 3e7fcca5dd2b1a20e6c405715475382776f707cc

「老化というマントの下には、美しい知恵がある」

「私たちが耳を傾けないから、知恵は閉じ込められている」

「知恵は老人たちに封印されてしまった」

09.

Medium 28d479f12c946181f0986259ff19f0ca8f85e1ab

「いつだって見られている監視社会」

「国家や政府にいつも監視されているんだ」

「ゴキブリの数と同じくらいの監視カメラの数」

10.

Medium 160ecffc3d47b921dff20ecd60e93a6dae2f4e41

「成長できるのは、自然の中だけ」

「人類はすべての自然に侵食しているっていう意味では?」

「自然は母なる存在」

人によっては解釈が異なるものもあり、まさに「考えさせられる」風刺イラスト。

あなたはどう思いましたか?

Licensed material used with permission by Igor Morski
Reference:boredpanda
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
死んだあとってどうなるの?と聞かれるといくつか思い浮かぶイメージはありますよね。たとえば、天国とか地獄とか。しかし、ここで紹介するRamin Nazerさ...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
既存の地図と位置情報機能、カメラが取り込む情報を使って、スマホの画面に拡張現実(AR)を作りだしてポケモンを探す。すでに総ダウンロード数7,500万件を突...
アインシュタインは、物理学者としてだけではなく哲学者としての才能も兼ね備えていました。その証拠として、彼が残したとされる言葉は今なお語り継がれています。こ...
ディズニープリンセスが大好きな、イラストレーターのAnooshaさん。このたび、「もし彼女たちが、21世紀に生きていたら?」という想像のもと、以下のような...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
20代半ばのイラストレーター、Caitlin Quijanoさんはクオーターライフクライシスの真っ只中。そんな自分の人生のエッセンスを、ぎゅっと漫画に込め...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...