「本当の自由」とは何か?を考える風刺イラスト

自由にのびのび生きているつもりでも、実はいろんなコトに縛られているのかもしれない。そう思ったのは、Marco Melgratiの描いた「社会の闇」を感じる作品に出会ってから。

彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社・SNS・お金など、私たちの心を蝕むのは決して一つじゃない。

本当の「支配者」はダレ?

F0643fb9fc554672ba3401517b6410445bd51610

「見て見て〜!パシャっ!」よく見る光景だけど……。

丸見えなプライベート

1a5a98539fc54aa34dff8304a7cc7e2f7ae0c885

自分が思っているよりも人に見られているんです。

お手軽なサラリーマン

8b6eef1c5dbf084ef27137c43bc583fef2438f74

いつでも取り替え可能。

あなたを喰らうのは?

Da2f0f461a985926c69573ca42903d81e5697ef5

社会で働くのなら、たくさんのハイエナと戦う覚悟が必要。

お金のチカラ

A22a760390f1cb1fd20ef0bebd9c13db178178b7

お金は時に、人間を操り人形にさせる。

うわべだけのリア充

02b140b2dbf57668afdb733ad0cf57ae2ace421c

虚しさ倍増。

大嘘つき

37d88bea636e48f8732069c4a8a7e3b93a6562d0

世の中で、偉いと言われている人の話。でも、どこまでが本当なのか。

息苦しい社会

66799b7374b3f838e5367da6eb87e4498704f33e

このまま働いていたら、ロボットになってしまうかも。

勝手な評価はいらない

72bac47a47987f4762a0c61d563fe993f8205d96

本当にイイかどうかは、自分で決めるもの。

心のSOS

Bd6f7f796aecbc8235ec0881db0bf733dc9e8dca

本当に頼りにするべきなのは、クスリじゃないのかもしれない。

Licensed material used with permission by @salzmanart
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
Kate FennerさんがInstagramに投稿を続けているのは、コメント付きの虫たちのイラスト。実は、自分の幻覚や幻聴をそのまま表したものだという。...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
そんな「弱肉強食」の関係が、それぞれ一枚のイラスト内で完結。どこに焦点を合わせるかで、あなたが目にするものの立場が180度変わります。これは、イタリア人イ...