深刻化する「スマホ依存症」。風刺した作品に考えさせられる

スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展する中国国内のネット環境に、いま、「心が取り残される」と警鐘を鳴らす人々がいます。

親子を隔てるスマホの壁

スクリーンショット 2015-12-03 13.14.45

スクリーンショット 2015-12-03 13.14.31

new-finalFA0504

日常のワンシーンを切り取った3枚のイメージ。大きなスマホが、父と息子、母と娘、そして夫婦の間に壁となって立ちはだかっています。もちろん、互いに顔を合わせることはできません。ディスプレイの照明に照らされた画面右側とは対照的に、背面の子どもたち(3枚目は夫)は影が落ち、暗くどんよりした雰囲気を見るものに印象づけていると思いませんか?

心が置いてけぼり…
社会現象化する
中国のスマホ依存

321975074

中国では、携帯電話の接続状況が急速に伸びているそうです。2015年、ついに中国国内のSNSユーザー数が3億3,600万人を超え、2019年までには5億人近くに達する予測。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の調べでは、ネットユーザーたちの平均滞在時間は、一日2.7時間。これは、日本やアメリカをはじめ、先進国の中でも群を抜いて高い数値だそう。

世界各国でも社会現象化している“スマホ依存”に、いよいよ中国も突入した証拠だと「Ogilvy&Mather」のLillian Wu氏は指摘します。また、あまりの急速な発展に文化形成が付いてこられず、「非常に脆弱で危険な状態。心だけが取り残される心配がある」との懸念も彼女にはあるようです。

こうした社会的状況をシニカルに捉えた作品が、この「Phone Wall」だったのです。どれも単純明快でメッセージ性の強い3枚のイメージは、北京市内に掲示され、多くの人の耳目に触れました。今年カンヌで開催された「国際広告祭(2015)」でも、高く評価されたそうです。

Licensed material used with permission by Ogilvy & Mather China

Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
FacebookやTwitter、毎日見ないと気が済まない。いま、自分が「そうかも…」と思った人、チャンスです。このビデオを観てください。自分のしてきた事...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
自覚がないからこそ実は深刻な『彼氏依存症』。では、一体自分はどの程度の依存度レベルなのか。それがセルフチェックできる10の診断項目を設定し、あてはまる項目...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
既存の地図と位置情報機能、カメラが取り込む情報を使って、スマホの画面に拡張現実(AR)を作りだしてポケモンを探す。すでに総ダウンロード数7,500万件を突...
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...