「風刺漫画」に見るSNS依存症。本当のつながりって、ナニ?

SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気になりすぎて、リアルなコミュニケーションに弊害が出ることを表現するもの。「phone(電話)」と「snubbing(無視する)」を掛け合わせた造語と言われています。

ロンドンに拠点を置くイラストレーターのJoe Stone氏は、いわゆるこの“コミュ障”というものを、漫画でシニカルに風刺しました。見ると、思い当たる節もあって、ちょっぴり切なくなるかもーー。

01.
『AN ETERNITY WAITING FOR YOU』

(ずっと、キミを待っている)

7da2e0c32b99b1b6802e1b824fada0a73b44e327

男:「ねえ、週末どっか遊びに行かない?」

10年後:…
30年後:…
50年後:…ピン♪

女:「No!」

02.
『RECURSION』

(堂々巡り)

D19ed7add69d9d557b0996797821251d0e55b667

男:Facebookチェックしなきゃ。退屈しのぎだ。

(…閲覧中…)

男:なんもないなー。ヒマすぎる。どうしよっかなー。

(…その後。)

男:Facebook見なきゃ。退屈しのぎだ。

(…閲覧中…)

男:なんもないなー。ヒマすぎる。どうしよっかなー。

03.
『THE TRUE FACE EMOTION』

(本当の表情)

9e2913f94643fdf62434175f071ffddfed9b0b03

男:「やばい、この動画見た?面白すぎる」。

女:「(笑)なにコレ、今までで一番かも」。

男:「涙出るよね」。

04.
『MULTITASKING』

(同時進行)

011c7fe974c424cb081d39d4e3511459549b21c3

男「今日マジ面白かったんだけど、会社行く途中でさヘンな男が通りっ」。

 (ピン♪)

 

 「あ、ゴメ。ちょっと返信しちゃうね」。

 (…返信中…)

 

 「でね、通りを渡ろうとしてたんだ」。

 (ピン♪)

 「あー、ちょっと待ってね」。

 (…チャット確認中…)


 「あははははは!」。

 「いや、これマジで面白くて…」。


 「えっと、それでね、そのヘンな男が通りを渡ったんだよ。でさ、コッチを向いてこう言うんっ」

 (ピン♪)


女「…」。

05.
『NEVER ALONE』

(独りじゃない)

1870e41925a2e9795c4bc3248b33173e96f1ce6c

男「インターネット上にあるすべてが手のひらにあるんだ。孤独を感じるなんて無理!」。

Licensed material used with permission by Joe Stone
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
FacebookやTwitter、毎日見ないと気が済まない。いま、自分が「そうかも…」と思った人、チャンスです。このビデオを観てください。自分のしてきた事...
自覚がないからこそ実は深刻な『彼氏依存症』。では、一体自分はどの程度の依存度レベルなのか。それがセルフチェックできる10の診断項目を設定し、あてはまる項目...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
2015年8月30日、イラストレーターの「シバタヒカリ(@sunny_615)」さんがツイートしたのは、8月28日に作者の身に起きた実際の出来事をマンガ化...
夏の暑さと梅雨の湿気で体が重い…というあなたへ。気軽にクスリと笑える「1コマ漫画」をお届けします。描いているのはLonnie Easterlingさん。約...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
トランスジェンダーの人たちは日々の日常でどんなことを考えているのだろう。自分が経験したことなかったり、身近に聞ける人がいないとなかなかわからないもの。自身...