SNSに依存しすぎていませんか?ドキッとする風刺画14枚

僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶け込んでいる、というのが実際のトコロではないでしょうか。

それでもたまには自分の姿を俯瞰で見て「ドキッ」とさせてくれるような風刺画に触れることで、「今日はちょっとだけ離れてみよう」という気になるかもしれません。

作者は、先日「ポケモンにハマる人を風刺したイラスト」でも話題になった、ポーランド人アーティスト、Pawel Kuczynskiさん。

彼がFacebookに投稿する際に使っていた「ヒトコト」も添えて、紹介しましょう。

01.
fishing(釣り)

Medium 4b97cba65c492197f618cf9f3508a45ea9582e70

02.
gossip(ゴシップ)

Medium 6e4e452ae05b58079b6e0e5c5996f7d35f51db8a

03.
sharks(サメ)

Medium 6993b9710cfae3b23b897cec1d080591479eec65

04.
confession(懺悔)

Medium 77921315c8aa163b54938aebe88f0831a6165fab

05.
dinner(ディナー)

Medium 083bfc5899f940d12a191fdad0cd96dd0b84ba73

06.
gate(扉)

Medium e952e52437305728772af53199ddc7d26c89dea1

07.
flat world(フラットな世界)

Medium 01ecede1b8898914d64279cb5aa335b8bd3ccb8a

08.
love(愛)

Medium 862975dafbdd0a9bca39d6c54b18b9d800b50d0e

09.
hater(嫉妬)

Medium 0ef16876d83707f614fd8fa49ce5cb6f9b409022

10.
something in your eye
(あなたの目のなかに…)

Medium 71ffdeef2a291249611f5c713d6e137c8004d6e9

11.
islands(島)

Medium 6dc1b51b5ee5e8ac9a74c713982e9e8fa522b6f7

12.
worm news(虫のニュース)

Medium 46c59be7a2215bd7011773815011d0e2d43d1b0c

13.
surgery(手術)

Medium cea780c1a15a7d47b3403b07741c38356d67a8c8

14.
alone in the crowd
(群衆のなかでの孤独)

Medium af30b0edc54286628b02e5566d8697c7ac2f7022
Licensed material used with permission by Pawel Kuczynski
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
既存の地図と位置情報機能、カメラが取り込む情報を使って、スマホの画面に拡張現実(AR)を作りだしてポケモンを探す。すでに総ダウンロード数7,500万件を突...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...