伝統絵画とアメコミの融合で表現した「社会風刺画」の楽しみかた

現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる。

シリーズ作品「The Harmonious Society」は、中国古典絵画のなかにアメリカンポップカルチャーのアイコン的なアニメキャラたちが迷いこんだミスマッチ感と、不思議なハーモニーが交互に押し寄せる作風。

だが、これを単に“ウォーリーを探せ”のようなキャラ探しと思っていては、いつまでたっても本当のおもしろさは見えてこない。Tsaiは一連の作品それぞれに、世界が直面している経済的、社会的、文化的背景を『紅楼夢』や『水滸伝』といった物語のなかにたくみにとけ込ませている。

スーパーマンも、キャプテンアメリカも、バッドマンも、みな彼のアイロニックな絵を彩る、スパイス役に過ぎない。 それぞれのタイトルもウィットに富んでいる。

『中国版ポケモンGO』

Medium 667343b29a028bbcc5cd617933e06cae6739fb23

『隠居生活』

Medium a15322c286f5107b9000f2c9006bce28e81f2dbb

『酔狂夢譚(夜バージョン)』

Medium f5701a092f9d10994e2aad66930d020a2c172b13

『澳門協奏曲』

Medium 4f9920a03f4ee303238e001ee45bcbdac04560a8

『絶壁』

Medium 937d6a9e2bcdb2684774fe429bb0822dda845343

『女性指導者』

Medium 1851720176f3eee94ceaef33e4305d707f14c834

『ちょっぴりエッチな紅楼夢』

Medium aff6ce31444e39e17b857f1742b674beb77fd8e5

『難民のみなさんいらっしゃい』

Medium 5a1391bd852ce97783e0e9f1173def754dd6fe3d

『UP!UP!UP!』

Medium 4190dd44b90dcff808d0c9a8f6df6e09e54a2304

『綱引き合戦』

Medium e7e143ca7118dce4e91002c7fcc8183146566f77

『五番街の水滸伝』

Medium 9b1e2b7e658b322cb56175bd202944a1502acdce

『あやつり人形』

Medium 65471a3111a555fc6af443b0233dc00e26a4358d

『パンプトンの情事』

Medium 1179e8ad4c24f93566a6ab03e936f6d33c50bcb8

『最後の野生トラを守れ』

Medium bf09dae354eec1dc39c7398a1f847eb2b905c24c

『華式スパのお味はどう?』

Medium e2c20662d59e74b891126b0d245d954bcef58c57
Licensed material used with permission by Jacky Tsai
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
既存の地図と位置情報機能、カメラが取り込む情報を使って、スマホの画面に拡張現実(AR)を作りだしてポケモンを探す。すでに総ダウンロード数7,500万件を突...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
旅行で金沢に出掛けたときに、ふらりと立ち寄った本屋。たまたま手に取った雑誌が金沢の工芸について特集をしていたから購入し、記事を参考にしながら旅行を続けた。...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもま...