「気付かぬうちに、奴隷になっていませんか?」働くことの本質を考えさせられる社会風刺アニメ

社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕事のやりがいについて悩んでいる人には。

アルゼンチンで活躍するアニメーターSantiago Grasso氏の『el Empleo(働くこと)』は、のっけから違和感だらけ。そして、やってくる意外な結末。5分間の映像の後、あなたはどんな思いを抱くでしょう?

スクリーンショット 2015-07-07 15.46.23

朝、目が覚めてまずは電気スタンドのスイッチを入れます。

スクリーンショット 2015-07-07 15.04.32

洗面所で髭を剃る……そう、スタンドも鏡も“誰か”がその役割を果たしています。

スクリーンショット 2015-07-07 15.04.51

身なりを整え、朝食をテーブルにセッティング。椅子もテーブルも、そして天井の照明すらも彼のために他人がそれを担っています。

スクリーンショット 2015-07-08 13.59.22

スクリーンショット 2015-07-07 15.11.27

移動のタクシーも、やっぱり人間。もちろん、信号機だって。

スクリーンショット 2015-07-07 15.11.49

会社に到着すれば、自動で“人間ドア”が開きます。

スクリーンショット 2015-07-07 15.12.17

こうなると、もちろんエレベーターだって、やっぱり“誰か”が!

スクリーンショット 2015-07-07 15.12.52

ロッカーの中には、カバンとコートをかけるためだけの役割を担う女性がいます。

スクリーンショット 2015-07-07 15.13.27

そして、自分のオフィスの前に到着した彼。なぜかドアを開けずに佇んだかと思うと…

スクリーンショット 2015-07-07 15.13.39

なんとドアの前でうつ伏せに寝そべります。

スクリーンショット 2015-07-07 15.14.19

すると、まもなく誰かが彼の背中を踏みつけ、靴底の汚れを落としてドアの中へと入って行きました。そう、彼自身もまた、誰かのための“モノ”となる役割を担っていた、というオチ。

不思議な没入感に浸るこのアニメのなかに、自分が社会で担っている役割についての本質的な問いかけがあるように思えてきませんか?「そもそも働くってなんだっけ?」見方によっては、そんなことまで考えさせられる作品ではないでしょうか。

Licensed material used with permission by  opusBou

Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
今の時代だいぶ働きやすくなったのかもしれないけれど、まだまだ「社会の闇」が存在するのも事実。会社に全てを捧げることに疲れた……。もし、こんな悩みをもつ人が...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...