同期のなかで「埋もれない」ために、必要な4つの行動

世界に通用するようなエースになる人間は、私の経験では全体の2%に過ぎない。しかしその2%のエースには、驚くほど共通している行動がある。

自著『2%のエース思考 - あなたはいつまで「同期」の中に埋もれているのか? -』から、エースが何気なくやっている行動をまとめた。同期から一歩抜きん出るために、ぜひ参考にして欲しい。

01.
部門を超えた仲間を作る

iStock_000004854877_Medium2percent-ace2150908-09

社内人脈が重要であることは、改めて言う必要はないだろう。しかしそれは飲み会には絶対参加、といった話ではない。

たとえば、複数部門のミーティングで必ず発言する、全社的視点でビジョンを語る、などをしていると名前を覚えられる。もちろん内容も大事だ。

通常関わりのない部門とも、積極的に関わることが重要。プロジェクトベースで何かやる時や、トラブルが発生したときなどはチャンスだ。
営業部門に所属していても、物流部門に入り浸って一緒に仕事をするとか、総務部門の手伝いをするとか。チャンスは必ずあるはずだ。そのような動き方をしていると社内で人脈が出来上がり、必要な情報が入手しやすくなったり、困ったときに助けてもらえたりするのだ。

既にエースと呼ばれている人は、必ずと言っていいほど、そのような経験をしている。「社内でお声がかかる」人が、特命プロジェクトのメンバーに召集されたり、新規事業メンバーに抜擢されたりし、より社内での知名度を上げて行くのだ。

02.
世の中の流れを意識する

iStock_000050713340_Medium2percent-ace2150908-07

プロのギャンブラーは、流れを見極め「運」に乗り、「運」の流れから外れたと思ったら、さっさと降りるという話を聞いたことがある。一方、素人は、ハズれるようになっても、「そろそろまた当たるんじゃないか」と、懲りずにお金をつぎ込んでいく。

プロと素人の決定的な違いはなんだろう。それは、「流れ」を読めるかどうかだ。素人は「流れ」を読もうとしない。というより「流れ」を感じることそのものができないのかもしれない。だから、負けてしまう。

世の中には、「流れ」というものが確実に存在する。柔軟に、もっと余裕を持って、自分の周りを眺めてみよう。すると、見たもの、聞いたものから、いろいろな気づきを得られる。そうした「気づき」の力が磨かれていくと、おのずと「流れ」も読めるようになっていく。

03.
オンとオフを統合している

iStock_000015632664_Medium2percent-ace2150908-06

ワーク・ライフ・バランスと言われるようになって、オン・オフの切り替えが必要だという認識が広まっている。しかし、本来1人の人間の仕事をプライベートを厳格に切り分けることなどできない。

週末のプライベートは、毎週取り立てて変化のない過ごし方をしていて、それで平日の仕事ではどんどんクリエイティブなアイデアを考え新しい提案をし、イノベーションを起こしているような人、などというのは未だかつて見たことがない。
クリエイティブに仕事をしている人は、週末もクリエイティブに過ごしている。エースは、実に変化に富んだ週末の過ごし方をしている。プライベートでの活動が刺激となり、仕事へのヒントにもなっているのだ。

プライベートと仕事は、むしろ相互に関連しているのだから、相乗効果をもたらすように考えたほうがよい。このような考え方を、ワーク・ライフ・インテグレーション(統合)という。
特にベンチャーを起こすような人であれば、ワーク・ライフ・インテグレーションをせざるを得ない。1日18時間、年間360日働いている人もいる。そうでなければ、限られた時間の中で、集中力を発揮し、事業を成功に導くことは不可能なのだ。

04.
前提として、
自分に責任を持って行動している

shutterstock_1681644472percent-ace2150905-04

エースとは、「自律した人材」。
どうしたら自律できるか。それは、自律と表裏一体になる言葉「自責」を考えてみるとわかりやすいかもしれない。「自責」と反対語の関係にあるのは「他責」だ。今自分がこうであることは、上司のせい、学校の先生のせい、親のせい、世の中のせい、と考えるのが他責だ。

しかし、自責とは、全てに自ら責任を負うことだ。きっかけは自分の外にあっても、最終的に選んだのは自分自身なのだから。

ちなみに同じ発音の「自立」。これは、親や上司の世話にならずに、1人前になることだ。そして、そこからはるか上の段階を指すのが「自律」

多くの企業で多くの人材と関わってきて、わかったこと。それは、世の中には2種類の人間しかいない。自律したごくひと握りの人と、大多数のそうでない人だ。自律とは、必ずしも転職したり起業したりすることではない。一社に勤め続けていても自律している人はいるのだ。

2%のエース思考 - あなたはいつまで「同期」の中に埋もれているのか? -
コンテンツ提供元:ワニブックス

小杉俊哉

大学法学部卒業後、NECに入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院修士課程修了。マッキンゼー・アンドカンパニー・インク、ユニデン株式会社人事総務部長、アップルコンピュータ株式会社人事総務本部長を歴任後独立。慶應義塾大学大学院・政策メディア研究科准教授を経て、現在、同大学SFC研究所上席所員。立命館大学大学院テクノロジーマネジメント研究科客員教授。

社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
私の経験から言えば、社内でエースと呼べる人材の割合は、50人に1人ほど。全体の約2%だ。そんな、彼らの人生の基準とはなにか?自著『2%のエース思考ーあなた...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
今日から新年度。新しい世界に飛び込むのは、誰でもちょっぴり緊張するもの。一方で、新たなチャレンジにワクワクする気持ちも。ただし「ビジネス」の世界は、今まで...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
会社にイケメンは必要なのか否か。「そんなのいたほうがいいに決まってるでしょ!」という声も聞こえてきそうなものだが、改めてそんな疑問を詳しく調査した統計結果...
時間や場所などに拘束されないフリーランサーたちの生活は、一度は憧れるワークスタイルかもしれません。でも、複数の仕事を掛け持ちしているからこそ、時間と収入の...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABOいつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だったことが、今では形骸化している...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...
受験やビジネスシーンにおいても、現代社会で「競争」を避けることはほぼできません。中には、勝つことに執着し、不正や他者を蹴落とすなどの行き過ぎた行動を起こす...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...