「飲酒運転できない」車が登場!アルコールを検知、将来は全ての車に採用かも?

飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。このシステムは、運転者の体内のアルコールを2つの方法で検知するというスグレモノです。

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 21.45.38

ひとつは、呼気からアルコールを検知するシステム。もうひとつはエンジンをスタートさせるボタンに触れた際に、指から血中のアルコール濃度を計るシステムです。

ハンドルの奥やドア付近には、呼吸に含まれる二酸化炭素とアルコール成分を赤外線によって読み取る機能を設置しています。

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 21.45.56

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 21.46.10

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 21.46.37

呼気に含まれるアルコール成分が基準値を超えると、アラートランプが表示!

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 21.46.56

センサーは運転手からの呼気に反応する仕組み。なので助手席の人の呼気は読み取りません。さらに、ハンドルの横にあるエンジンのスターターボタンにもタッチセンサーが組み込まれています。

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 22.25.52

エンジンをかけるためにボタンに触ると、赤外線で血中のアルコール濃度を検知することができます。検知には1秒とかかりません。

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 21.48.08

以下の動画では、その他にも緊急ブレーキや衝突防止センサーなど、様々な機能が紹介されています。

アメリカでは年間1万人もの人々が飲酒運転を原因とした事故で亡くなっています。実用化までには5年ほどかかるそうですが、将来的には飲酒運転による事故を劇的に減らすことが出来るかもしれません。

Licensed material used with permission by Automotive Coalition for Traffic Safety

3月17日は、聖パトリックデーだった。そんなお酒が進んでしまいそうな祝祭日の夜、とあるBARでスッと出されたコースターには、こう書かれていた。THIS C...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
夢に出くる「車」は人生におけるあなたの原動力を示しています。車の種類や色、状態、シチュエーションによって、夢の示す意味が変化します。同じ夢でも、夢の印象に...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
カナダ在住のPaula Grzelak-Schultzさんは、夫と一緒に「オリジナル・ジョー」というレストランで食事をしたあと、車を置いてUberで帰りま...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
ここは、ロサンゼルスのとあるバー。いつものように、酒を飲んで上機嫌な客たちで賑わっている。客のひとりがトイレで手を洗っていると、目の前の鏡に異変が…。自分...
視界に広がる車の連なりに終わりが見えなくて、うんざりする…そんなゴールデンウィーク(GW)の幕開けだけは、本当に勘弁して欲しいものです。渋滞から逃れる方法...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...