「横断歩道を渡る」から、「渡る場所に横断歩道」へ。

大通りを歩いていて、道の反対側へ渡りたいのに横断歩道はずっと先、という状況を思い浮かべて欲しい。見渡してみると、車は通っていないようだ。

あなたなら、横断歩道まで歩く?それとも横切る?

ここだけの話、私は後者の時もある。本当はイケナイのだとわかっていながら、心に余裕がない時だとつい…。先日、「これ日本にもあれば良いのに!」と思った、最新の横断歩道を見つけてしまった。

歩行者の動きに合わせ、
ラインやサインが出現!

7dc78eebe0271129f410646d8217475a91d1ca5b
Photo by Direct Line
F1a38045ea7afae72122ac2b0514ca9d0e5e6984
Photo by Direct Line

「The Smart Crossing」と呼ばれるこのテクノロジー。スマートと呼ばれる理由は、歩行者や車、自転車が通りかかった時、リアルタイムで「横断歩道」や「止まれ」のサインが出てくるから。

仕組みは、カメラが歩行者や車などの動く対象物を追い、道路の表面に埋め込まれたLEDがタイミングに合わせて光ることで、横断歩道などを形づくるというもの。

開発に携わっている「Umbrellium」によると、イギリスで年に7,000件ほど発生する交通事故への対策だという。

「緊急事態」にも対応
事故を“本気”で減らすために…

7db9d762bb353abb70e89588b607b9a3e8f6a0d7
Photo by Direct Line

事故対策について少し詳しく書く。例えば、学校や公園周辺で、思わぬアクシデントが起きた時でも、安全面に配慮できるよう開発が進められている。

サッカーをしている最中、ボールが道路へ転がっていってしまい、反射的に追いかけた子どもがいる場合でもほら、車やバイクの運転手の目につきやすいよう、飛び出している人がいることを知らせる赤い印が出現する。

Df62d321ff4d905d8d6ce77465a367cb615e4ea1
Photo by Direct Line

ダメとわかっていても、歩きスマホをしている人が道路に差し掛かった時、歩行者の目の前にサッと横断歩道が出てくれたり。

横断歩道のデザインが、少し大げさなほど太くて目立つ理由は、手元や足元しか見ていない彼らに注意を促すためだという。

「イギリスでの普及が実現すれば、やがては日本にもスマートな横断歩道が、ポッと目の前に出現する日がくるかもしれない。

Licensed material used with permission by Umbrellium
世界中、どこに行っても横断歩道は基本的に“無機質”なゼブラ模様ですが、スペインのマドリード郊外には、こんなカラフルな横断歩道が出現しています。渡っている画...
思わず「この発想はなかった!」と言ってしまいそうな「横断歩道」のデザインをご紹介。これならどれだけ人が多いところでも、対面の人とぶつかりそうになることなく...
いけないことだと分かりつつ「クルマが来ないから」と信号無視をして横断歩道を渡ってしてうこと、あるのではないでしょうか。でもそれって、あなたが思っている以上...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
人はなぜ、間違えて記憶してしまうことがあるのでしょうか。例えば、デートの時に相手がかぶっていた帽子の色が思い出せなかったり、交通事故の証言が人それぞれ食い...
ピレネー山脈を挟んで、スペインとフランスにまたがるバスク地方という地域がある。ここは大航海時代、マヤ・アステカ(現在のメキシコ)を起源とするチョコレート文...
その姿はまるで、ヌンチャクを自在に扱うジャッキー・チェン。はたまた、優雅な演技を魅せるバトントワリング選手―。Twitter投稿からわずか5日で10,00...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
2015年12月2日に投稿されたツイートに注目が集まっています。運転免許証を持っていれば知っているはず!なのですが、過去に警視庁が行ったアンケート調査では...
ニュージーランドのテ・ウレウェラ国立公園内でハイキングをしていた4人のフランス人観光客。彼らが公園内のつり橋を渡る時に撮影した動画が、大きな反響を呼んでい...
駅に着いてから、「家にSuica忘れちゃった!」と気づくことがあります。そんな事態も、これさえあればなくなるはず。だって、手をかざすだけで改札が通れちゃい...
1年前、交通事故で左手小指に傷を負った。第1関節より前の骨が砕けてなくなったのだ。10年間、乗り続けたVespaは廃車になり、俺はバイクに乗ることを止めた...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
警察官が人を呼び止めるケースは、どうしても「犯罪の取り締まり」のイメージが強い。でも、ここカナダ・ナナイモでは、真逆のことが行われています。彼らが捕まえて...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...