退屈な通勤も楽しくなる「横断歩道」がありました

世界中、どこに行っても横断歩道は基本的に“無機質”なゼブラ模様ですが、スペインのマドリード郊外には、こんなカラフルな横断歩道が出現しています。渡っている画像を撮るだけでも画になるし、街の中にポップな色合いが映えて、すごく目をひきます。

世界中のLGBTタウンでも「横断歩道を虹色にしよう」といった動きがありますが、こちらはアート由来のものだとか。

「横断歩道」に
美しさと機能性を

Cc316da4e5372ca00300ac6ae85f21a695132d0f

デザインしたのは、ブルガリア人のアーティスト、クリスト・ガーロヴさん。「Funnycross」というプロジェクト名で、マドリードの市議会も協力体制にあるものだとのこと。

「横断歩道は、パッと見てわかる機能性も重要なのでユニバーサルアイコンとして機能していますが、このインスタレーションでは、機能性に“美しさ”をミックスさせているんです。場所をビジュアルで見分けられる、という機能も持たせていますよ」

とガーロヴさん。 見つけたらついSNSで拡散したくなる気持ちも分かりますが、写真を撮る際は車の往来にご注意を。

Da2b8d96d539d859a9ee207a706390b63f7fdfe0

暗くなりがちな雨の日でも華やか。

E13cf8f95a5bf19d6869488d8c73149cca4e1663

思わず「けん・けん・ぱ」したくなっちゃうかも。

424e5bc38e5043c137afe58a3bb068af89cc6845

こんな、幾何学模様の色使いも。

44b1dc29d0246256be0a4c338726e651d7d40fba
Licensed material used with permission by Christo Guelov
思わず「この発想はなかった!」と言ってしまいそうな「横断歩道」のデザインをご紹介。これならどれだけ人が多いところでも、対面の人とぶつかりそうになることなく...
いけないことだと分かりつつ「クルマが来ないから」と信号無視をして横断歩道を渡ってしてうこと、あるのではないでしょうか。でもそれって、あなたが思っている以上...
ブルガリアの首都ソフィア。その街中に多くみられるキオスク。新聞やタバコ、アルコール、スナックなどを提供するのは日本と一緒だ。でもよく見ると、キャッシャーは...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していました。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥ...
2015年12月2日に投稿されたツイートに注目が集まっています。運転免許証を持っていれば知っているはず!なのですが、過去に警視庁が行ったアンケート調査では...
最近、マドリードの街中に登場した、不思議な“ホットスポット”を紹介しましょう。ここは、あることをするために人々が訪れる場所。では、その“あること”とは?写...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
街の景観が素晴らしいと、通りを歩くだけで気分が晴れ晴れしてくるものです。が、彼女の作品は、そのもう一歩先。Monling Leeは、ワシントンD.C.を拠...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始め...
あまりに退屈な内容すぎて、思わず睡魔が襲ってくる。テレビでも、映画でも、投稿動画でも一度はこんな経験があるはず。「こんなの誰が観るの」と言いたくなるような...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
現地時間の21日、北アメリカ大陸を「皆既日食」が99年ぶりに横断しました。帯状の地域で、約2分間観測できたとのこと。地上にいたみなさんは、99年ぶりの皆既...
MAGOこと、南馬越一義氏は名物バイヤーとして、クリエイティブディレクターとして、人気セレクトショップBEAMSを牽引してきた1人だ。90年代には、いち早...