カナダ鉄道会社が「デコ列車」に本気を出すステキな理由

ある意味、これは“走るイルミネーション”。

だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太平洋鉄道(CP)のホリデートレインが、今年もカナダとアメリカを横断します。

カナダとアメリカをつなぐ
全長10,000キロのデコ列車

Ddc126ca85cdcb2c5600624656ca871540e6900b61fa005b5e5acd7819fc3edf01421830bb174108

毎年この時期になると、車体をイルミネーションでギラギラに装飾したご機嫌な列車が、東部ケベックから西の果てバンクーバーを目指してカナダを横断します(一部は米ルートへ)。今年で18年目を迎える、カナダ太平洋鉄道(CP)の「ホリデー・トレイン」がそれ。

アメリカ北部を経由するルートも合わせると、走行距離はおよそ10,000キロにもなるんだとか。今年は、11月25日から12月17日までの22日間。時間をかけてのんびり走ります。

わざわざこの列車を見るためだけに、時刻表を確認して通過する前から場所を陣取る人も多い超人気イベント。豪華な観光列車に乗って楽しむよりも、こちらは列車を待つことが楽しみの主題にあるようです

というのも、こちらは客車よりも貨物列車がメインだから。

ライブ、サンタ、トナカイも登場!?
しかも、イベントはすべて無料!

11243a950cf8fd2f6dd38197512a4bc8f552206a

列車は行く先々でいろいろなチャリティーイベントが用意されています。クリスマスシーズンに合わせ、サンタクロースが子どもたちにお菓子を振舞ったり、貨物列車の扉がどど〜ん、と開いたかと思えば、カナダを代表するミュージシャンたちが登場し、その場で生ライブ。

そして、これらどれも無料。その代わり、ホリデー・トレインを楽しみにショーにやってくる人たちは、わずかばかりの食べ物を抱えてやってきます。その理由がこちら。

困っている誰かのために
みんなの寄付を乗せて走る

9acb0bd66d6c6788ac293fce641fc1cab2c421a880c3b65d0253540e02d83cd039e18c4bee6482b5

ホリデートレインは、みんなの寄付を乗せて走る列車だから。

停車する駅で、イベントにやってきた人たちから寄付された食料は、すべてCP鉄道を介してフードバンクへと送られる仕組み。毎年1,800トン近い物資が、必要とする150近いコミュニティに届けられているんだそう。さらには、チャリティー募金も。

なるほど、客車ではなく貨物で走る理由はそこにあったのか。

手づくりの飾り付けも
鉄道社員の業務のうち

9c3174d7ca9aa9bd8237b1ded39ed187a30a1bd96d9bd3cdd13c5d705ba2492f1d0f0fd5e42438f9

ホリデー・トレインの装飾は出発の1ヶ月前からすでに始まっています。

百万個を超える照明の設置から、客車内のオーナメント飾り付けまで、一つひとつがCP鉄道社員の手によってデコレーションされていくそう。

毎年やるのなら、ホリデー・トレイン用に列車を確保しておけばいいのに、と思うけれど、この飾り付けをすべて自分たちでやることにも、同社は意味を感じているんでしょうね。デコレーションやイベントはそのままに、お金をかけずに済むところはかけない、という。

6261d5e57d3f0b9d2c6c93881ff71b1d6d667b5b6e6c63dade864c41a49c43f4a10879298532ce0e

こうした目に見える社会貢献活動に積極的で、しかもそれをイベントとして楽しんでしまう。なかなか日本の鉄道会社では考えられない話ですが、ちょっぴりうらやましくもありませんか。

Licensed material used with permission by Canadian Pacific Hpliday Train
スロベニア・ボヒニ鉄道開通110周年を記念して行われたエキシビジョンの模様がこちら。「ヨーロッパ随一の美しさ」との呼び声高い高山鉄道に、この日特別に用意さ...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問...
クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。なぜなら『...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
あなたは「鉄道高架下」にどのようなイメージをもっていますか? 暗いとか、ちょっとコワイ感じがするとか、どちらかというとネガティブな印象を抱いている人が多い...
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
「The Community Against Preventable Injuries」は、事故や事件、怪我を未然に防ぐために、時にユニークな方法で注意を...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
これからのクリスマスは、家族や友人や仲間たちと、気楽に親密に、しみじみ楽しもう。 むかしの日本では、クリスマスは企業社会の陽気なお祭りだった。サラリーマン...
楽しい楽しい休み時間。友達と一緒に思いっきり遊びたいところですが、もし相手が見つからなくて、ひとりぼっちになってしまったら…?そんな悲しい思いをしないで済...
1月6日午前1時半。Timmy Joe Elzingaさんは、2歳の息子さんを寝かしつけてバスルームへ入ったとき、窓からこの様子を目撃してたいへん驚いたそ...
2月27日に死去した米俳優レイナード・ニモイさん。彼の功績を偲んで、カナダの5ドル紙幣をニモイさんの代表作「スター・トレック」のミスタースポック船長に書き...