中国の鉄道橋。工事現場を捉えた映像にハラハラ・・・(動画あり)

大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると思いきや、重機一台をフル稼働させ、意外な工法で橋を架けていました。しかし、見るからに危なそう。

思わず手に汗にぎる架設風景
巨大マシンが「ああ、落ちるっ!」

スクリーンショット 2015-10-19 10.27.41

内陸部の大都市、重慶市の郊外。整備が進む鉄道橋の架設工事現場にトンネルを抜けてやってきたのは、何やら巨大な重機。この「SLJ900/32」は、橋を架設するために設計された中国製の重機だそう。総重量580トン、長さ91.8メートルというから、動画で見るよりも実物は相当の大きさでしょう。これから、このマシンが想像をはるかに超える身軽さで、橋を架けていきます。ところが、その様子がヒヤヒヤもの。
まずは、橋桁がかかっている突端までやってきたSLJ900/32。橋脚の上に足を架けたら、胴体をググーッと伸ばしていくではありませんか。ウソ、本当にバランス大丈夫?

伸びて運んではめるだけ
突貫工事の秘訣はコレ

長〜い胴体を伸ばしに伸ばして、先の橋脚にちょんと脚をかけます。これで、バランスをとったら、再び長〜い胴体を伸ばしていきます。すると、胴体の下に抱えていた橋桁本体が、徐々に橋脚と橋脚の間へ。最後は抱えたまま、橋桁を見事にはめ込んでしまいました。それが、下の写真。一歩間違えば、前のめりにつんのめって落下してしまわないかと、ヒヤヒヤしてしまいますが、これが中国式鉄道橋のつくりかたのようです。

スクリーンショット 2015-10-19 10.34.10

日本の鉄道橋架設では、現場の状況にもよりますが、コンクリートよりも荷重への耐久力があるプレスト・コンクリートを使用し、道路事情に合わせて、最大25メートルの長さに区切った橋桁を現場で釣り上げて架設する工法が一般的だそう。
この動画で登場する架設重機は、中国国内で製造されたオリジナルのようですが、突貫工事を実現するモンスターマシンであることは間違いなさそうですね。

Licensed material used with permission by Eduardo Suarez

街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか? 3月25日に...
“杭を打ち込む”。これは工事現場ではよくある光景。大抵一人でやるものですが、ここで紹介するのはちょっと違います。キン・カ・キン・キン息の合った絶妙なチーム...
男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラッ...
タイで撮影された超古典的な建築方法・・・、杭の上に大勢で乗り、リズムに合わせて踏み込む。とてもアナログなやり方なんだけど、そのリズムがかっこ良すぎる! P...
あなたは「鉄道高架下」にどのようなイメージをもっていますか? 暗いとか、ちょっとコワイ感じがするとか、どちらかというとネガティブな印象を抱いている人が多い...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
スロベニア・ボヒニ鉄道開通110周年を記念して行われたエキシビジョンの模様がこちら。「ヨーロッパ随一の美しさ」との呼び声高い高山鉄道に、この日特別に用意さ...
車でごった返した都市部を抜けて、スピードに乗る高速道路。ここで、動物たちが無惨にも横たわっている姿を目にしたことはありませんか。自然の中に一本道を通すこと...
コペンハーゲンに次ぐデンマーク第二の都市オーフス。風光明媚な海岸線が続くこの街で、今年、彫刻作品を展示するアートイベント「Sculpture by the...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...