酔っ払ったのでクルマは置いて帰った。翌日、予想外の手紙が…

カナダ在住のPaula Grzelak-Schultzさんは、夫と一緒に「オリジナル・ジョー」というレストランで食事をしたあと、車を置いてUberで帰りました。お酒も飲んでいたので、飲酒運転になってしまうから。

翌日「駐禁、切られてないかな…」「レッカーされてたらどうしよう…」とドキドキしながらお店の駐車場に戻ると、一枚の紙がワイパーに挟まれていたのです。オリジナル・ジョーの店員からの手紙でした。

怒られると思いきや

Medium add695c3e48cdb03a44321d4c91a154ba8818a9b

「駐車場に車を置いていくなんて迷惑だ!」と怒られるかと思いきや、そこに書いてあったのは意外なメッセージでした。

オリジナル・ジョー シャーウッド店にお越しのお客様へ

車を置いて帰っていただき、ありがとうございます。うちのレストランでお酒を飲んだかどうかはわかりませんが、お客様が飲酒運転をされなかったことにとても感謝しています。この手紙と一緒に、おいしいチキンのクーポンを挟んでおきました。これは私たちからのプレゼントですので、ぜひ受け取ってください。命はかけがえのないものです。素敵な週末を。

オリジナル・ジョー シャーウッド店
Jay McLean

Paulaさんは嬉しさのあまり、Facebookにこの手紙のことを掲載したところ、多くの人の共感を集め、8,000シェア、20,000いいねがつきました。

飲酒運転、絶対ダメ

Medium 1b1baeec2585fd1074d2be9d45daf751e3166125

日本でも、飲酒運転撲滅を謳うポスターを飲食店などで見かけることが多いでしょう。もちろん事故の恐ろしさを伝えることも大切ですが、このお店のような心あたたまる方法もあるのかもしれませんね。いずれにせよ、飲酒運転は絶対にやってはいけないこと。

オリジナル・ジョーの店員さんも手紙にしたためたように、かけがえのない命を大切にしたいものですね。

Licensed material used with permission by Paula Grzelak Schultz
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
ここは、ロサンゼルスのとあるバー。いつものように、酒を飲んで上機嫌な客たちで賑わっている。客のひとりがトイレで手を洗っていると、目の前の鏡に異変が…。自分...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
数々の逸話をもつカーブランド。先日、自動運転船舶のコンセプトが話題になりましたが、自動運転車両のコンセプトデザインにもビックリ。とにかく画像を見てみて下さ...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...