文字と音で危険を警告。どんな車にも搭載可能な「運転支援」デバイス

運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買い換えるまでは…。大丈夫、どんな車にも搭載できる、運転支援デバイスがありました。

カーナビ&安全機能
スマホ連動型ドライブシステム

510e05225dc71d7cf7e6f8699df3b57bbc8fa5a6

Pyrenee社によって現在開発中の「ピレネードライブスクリーン」は、どの車にも搭載可能な運転支援デバイスです。運転席前のダッシュボードに設置するだけ。これをスマホとつなげることで、透過スクリーンにスマホ画面を表示させます。また、スマホの音声機能を使うことで、アプリを起動することも可能。ナビを使ったり、音楽を流したり、もちろん通話だってOK。

ですが、これだけでは従来のポータブルカーナビとさして変わりはありません。このデバイスの真骨頂は、あくまで「運転支援」にあるのです。

車載カメラがモニタリング
文字と音で危険を警告

Ef84371494a9e25cbb084093c5ed29d0474d7157

たとえばこの映像。前を行く車との車間距離が狭くなれば、透過スクリーン上に「衝突注意」のアラート文字と警告音が。ドライバーに告知させ、回避行動を促します。

2ca6af9d2598ba0edcd72b2c8726154b27700e82C8ea6e50c7b8ac017f6d286a7ced2855a2c7221b

自動車事故の原因の7割は、ドライバーの不注意によるものだそう。危険を未然に防ぐには、早い段階でドライバーに危険のサインを警告できれば、多くの事故は回避できる。その考えのもと、ピレネードライブスクリーンは、ユニットに設置された前方を映し出すカメラがリアルタイムに、歩行者や他の車の距離や、位置関係を認識し、常にモニタリング。危険予測をいち早くドライバーに伝えてくれます。

Ffbb15f05fb13e3ef8a3d6bcd949973217d38da1

実際に設置したイメージがこんな感じ。透過スクリーンに映し出すことで、手元のスマホ画面に目を落としたり、わき見運転をするなく、ドライバーは前を向いたまま、いろんな情報を確認できるというスグレモノ。

2016年内に発売予定!

2015年、日本最大級のハードウエアコンテスト「GUGEN2015」で優秀賞を受賞。現在、2016年内の発売を目指し開発中とのこと。価格は39,900円を予定しているんだそう。こうした運転支援システム技術の向上が、多くの事故を未然に防いでくれているのかもしれませんね。

ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
数々の逸話をもつカーブランド。先日、自動運転船舶のコンセプトが話題になりましたが、自動運転車両のコンセプトデザインにもビックリ。とにかく画像を見てみて下さ...
3月17日は、聖パトリックデーだった。そんなお酒が進んでしまいそうな祝祭日の夜、とあるBARでスッと出されたコースターには、こう書かれていた。THIS C...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
人生を変える、運命の選択。おそらく多くの方がこれまで、何度かそういった経験をしていることでしょう。そして、その結果はやはり誰にも分からないものです。だけど...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...