男女の「お酒」の消費量が、ほぼ同じになってきたらしい(調査結果)

ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもありませんが、その歴史のなかで「男性が飲むもの」とされる時代が長く続いていました。

でもそんなイメージは、変わりつつあります。

かつては2倍以上だった差が
たった1.1倍に?

Medium 1a0f705473bbd940e346e999621c4d5ff6fde75a

BBC NEWSにも取り上げられた、このニュース。豪・ニューサウスウェールズ大学が行った大規模調査(1891年〜2001年に生まれた、400万人以上の北米や欧州の男女を対象)によると、男性と女性のお酒の消費量がほとんど変わらなくなってきているとか。

20世紀初頭、お酒を飲む男性は女性の2.5倍もいて、お酒による依存症や健康問題のケースは3.6倍もあったといいます。明らかに「男性の習慣」だったと言えるわけです。

しかしこれが20世紀末になると、お酒を飲む男性は女性の1.1倍、依存症や健康問題の発生のついても1.2倍と、ほとんど変わらなくなってきているそうです。

日本も30-40代を中心に
女性の飲酒率は増加中

Medium 80e63c02f8785e30bd6b7cace63effb7caacd2b2

じつは日本でも、女性の飲酒が盛んになってきています。厚生労働省の調査でも、男性の飲酒率がこの15年で10%ほどダウンしている一方、女性の飲酒率は1〜2%ほど増加傾向に。とくに30-40代女性に関しては、約5%も増えているとか。

女性の社会的役割の変化をきっかけに、メーカー各社も女性をターゲットにした商品や販促を強化していることも、ブームをあと推ししているのでしょう。

それでも、平成17年の全世代平均を見ると、男性36.7%に対して女性7.3%なので、まだ日本はかなり差が大きいほう。

もちろん、アルコールに紐づく、依存症や健康問題について気をつけなければならないこともあります。

お酒を飲んでも
体はしっかりいたわること

Medium 6ab2b78d1807ac519c2edc6cc339097200acef0a

男性と女性では、一般的にアルコールの代謝を行う肝臓が小さいことや女性ホルモンの影響などがあり、女性のほうがお酒に弱いと言われています(もちろん、個人差はありますが)。そのため、男性と同じ量や頻度でお酒を飲むと、健康への悪影響も出やすくなってしまいます。

ジェンダーによる役割分担が見直され、男性中心の社会や文化が変わってきたことは素晴らしいこと。お酒を楽しむのも素敵なことですが、自分の身体とよく相談して、飲みすぎには注意したいところですね。

愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
いくつかの研究結果ではアルコールの摂取によって勉強やタスクの処理能力が向上する効果が見られています。飲み会に参加する口実程度に考えて読んでみると、意外に役...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったようです。残念…。アメリカ科学振興協会(AAAS)よ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
ときに、アルコールは人間関係をギクシャクさせます。が、恋人とは積極的にお酒を楽しむべき。その理由を女性ライターAshley Fernさんが「Elite D...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
人間関係を築く上で、お酒が大きな助けになることは多々あります。でも、楽しい気分に身を任せていたら、ついつい飲み過ぎてしまうことも…。「Elite Dail...
最近「お酒の量がめっきり減った」のは、体力的な問題?そう自問自答する人へ向けた記事がこちら。「Elite Daily」が、医療ジャーナリストのKevin ...