セーヌ川のほとりに「死んだクジラ」が打ち上がった意味

穏やかな週末を過ごす人々が行き交うパリで、セーヌ川に突然打ち上げられた「クジラの死骸」。その生々しさに、花の都でどよめきが起こりました。

クジラの周りでは、防護服を来た作業員が撤去作業を進め、見慣れない異様な光景に街の人も観光客も、視線は釘付けに。

海にいるはずのクジラが、なぜこんな場所で息絶えてしまったのか…。

生態系の危機を訴えるために

68664a807e9bb5e70072f89591c2d32d200ff28d

一瞬でもホンモノと思ってしまった人はごめんなさい。実際は、オランダの芸術集団Captain Boomer Collectiveによるインスタレーション作品でした。

18mにもなる巨大なマッコウクジラの彫刻は非常に精巧なつくりで、まるで本当に川を上ってきて息絶えたかのようなリアリティがありますよね。その屍の周りの作業員まで。

日頃、ニュースでしか見たことのない「巨大な海洋生物の死」という光景が、現実として飛び込んできたことにパリの人々は驚き、多くの人の視線が集まったというわけです。

765c5b9f5752358080480f315ca81e61062bb90d

「リアルなクジラの彫刻をセーヌ川のほとりに置くことで、日頃向き合うことのない環境問題に意識を向けて欲しい」

Captain Boomer Collectiveの狙いがそこに。

実際、世界中の海岸でクジラやイルカが数多く打ち上げられているという事実があります。その原因はまだ明らかになっていませんが、人間の活動が環境になんらかの影響を及ぼしているとも。

普段は遠い世界のことだと思っていても、目の前に横たわったクジラが現れたら、環境について考えずにはいられないでしょう。たとえそれが模型だったとしてもです。 

A3bf3d3955a3bc28be0340cd9367e8d469fab0ae

Captain Boomer Collectiveはこれまでにも、ロンドンやバレンシアなどで同じように、海辺や川にクジラの彫刻を置くことで人々に環境保全を訴える運動をしてきました。

チームにはクジラについて研究を進める科学者も所属しており、集まった人により深くクジラの生態について知ってもらえるよう解説もしているそうです。

まずは模型のインパクトで人の心を引きつけ、大きな話題を生む。さらにそのとき感じたことを深く掘り下げ、今自分たちに何ができるのかを考えてもらうことだと言います。

4ee49710c7c81dd724c642032125681695fa39933ad31e06fc071d9dd89ef68c8669d7d85d1b9b79

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2017/08/01 17:30)

Licensed material used with permission by Captain Boomer Collective
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...
……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示...
「Viral Hog」が紹介する、西オーストラリアのエスペランンス沖合で撮影されたこの動画。ターコイズブルーの海を優雅に漂うスタンドアップパドル・サーフィ...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
オーストラリア・クイーンズランド沖合で、白鯨が目撃された。お腹だけでなく、背中もヒレも真っ白。これは、世紀の大発見!?純白のザトウクジラ運が良ければ出会え...
たった9秒。まばたき厳禁のオモシロ動画を見つけました。体育館の生徒たちの前に現れたのは、まさかのクジラ!?それは、一瞬の出来事だった…それは、ほんの一瞬の...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
カリフォルニアのモス・ランディングはかつて鯨漁船が出ていたことで知られている場所でもあり、今もホエール・ウォッチング・ツアーの名所として人気がある。201...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
アラスカ州スワード。総面積の約3割が川や湖などの水域となっているこの都市は、クルーズ客船の停泊地、アラスカ鉄道の起点、そしてキーナイ・フィヨルド国立公園の...
海の中でクジラの瞳をのぞき込んだ瞬間、それまでの人生がガラっと変わっていく気がしたんです。なんていうのかな、あの目を見てしまうと、人間はきっと誰でも謙虚に...
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...