海岸に残るウミガメの足跡。それは彼らの「悲鳴」だと、知っていますか?

愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。

seaturtle01

しかし近年、安全だったはずのこの海岸が、彼らにとって危険な場所になっているといいます。

その理由は海岸の人口化により、テトラポットなどのブロックが設置され、砂浜の減少が進んでいるから。

砂浜に上陸することさえ困難なウミガメが、産卵し、また同じ道を辿って海に戻るのは、まさに命がけの行為。行く手を阻まれた彼らは、何度も迂回を試みたり、延々と続くブロックに沿って何時間も移動したりせざるを得ないのです。

seaturtle

産卵のピークである夏には、このようなタートルトラックと呼ばれる足跡が多く見られるといいます。これは、ウミガメの「悲鳴」と言っても過言ではありません。

seaturtle_01

最悪の場合、出産後、海に戻る途中で体力が限界に達してしまい、ブロックに挟まって死に至るというケースも少なくありません。

seaturtle_04

この問題を解決すべく立ち上がったのが、NPO法人表浜ネットワーク。理事長の田中雄三さんをはじめとし、10年間にわたってウミガメが産卵しやすい砂浜作りを試みてきました。

そしてこの度、もっと多くの人に現状を伝えるため、ウミガメの生態や、これまでの取り組みをまとめた冊子を作るのだそう。

その制作に必要な資金を、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで募っています。ウミガメの命を守るために、ぜひ、協力をお願いします。

コンテンツ提供元:ReadyFor

近年、愛知県の南に位置する表浜海岸では、産卵に訪れたウミガメが波消しブロックのくぼみにはまり、身動きが取れず死んでしまうという事故が度々起こっている。表浜...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
熊本県宇土市にある御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れな...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
毎日毎日、同じ景色ばかり見ることに、飽き飽きしているそんなあなたに。「Elite Daily」の旅好きライターSophie Cookさんがおくる、新しい環...
生物医学研究サイト「GreenMedinfo」の創設者Sayer Ji氏は、こう断言します。「レジで受け取るレシートは有害物質が含まれている」。きちんとレ...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...